JS日本の企業|新卒学生のための就職活動応援サイト

就活パーフェクトガイド【実践編】筆記試験・適性検査

学力や適性で応募者を絞り込むことが目的

筆記試験や適性検査の形式は企業によってさまざまですが、多くの場合、その結果で学生の基礎的な学力や適性を把握し、応募者を絞り込むことを目的に実施されます。出題される問題の難度はそれほど高くありませんが、この筆記試験を突破しなければ次の選考に進むことができません。どのような種類の試験があるのか、またその出題傾向について事前に研究し、しっかりと試験対策に取り組んでおきましょう。

一般常識試験

国語、数学、英語、理科、社会などの中学校や高校で学んだ基礎的な知識を問う問題や、社会、文化、政治、経済、スポーツなどに関する時事問題などが出題される試験です。企業は、入社後に日常の業務をスムーズに進めるための基礎学力や社会への関心度について判断しています。

適性検査

適性検査とは、業務や職務を遂行する能力と職務適性を判断するための検査です。

SPI/「能力検査」と「性格検査」から成るマークシート方式による総合適性検査です。導入している企業が非常に多いことが特徴です。

CAB/暗算・法則性・命令表・暗号解読の4種類の能力テストと性格テストによる、コンピューター職としての適性を診断する検査です。

他にもGAB やIMAGES、クレペリン精神検査など、さまざまな適性検査があります。それぞれに特徴があるので、検査を受ける前に1度は練習問題を解いておきましょう。

WEBテスト方式/WEBテスト方式とは、学校や自宅のパソコンを使ってWEB上で受験することのできる採用試験のことです。インターネットを利用した就職活動が普及し、WEBテスト方式の採用試験を導入する企業が増えています。
テストセンター方式/テストセンター方式とは、適性検査の受検形式の1つです。この方式を採用している企業に応募すると、期間を指定されるので、期間内に全国7 箇所に常設されている受検会場で、パソコンを用いてSPI を受検します。期間内であれば自分の都合の良い日時・会場で受検することができ、1度受検すれば、その結果を複数の企業で使用することも可能です。また受検者一人ひとりの特性に応じた問題が出題されるので、短時間で受検することができます。再受検することも可能ですが、検査の結果は本人には通知されないので、再受検するかどうかは自らの手応えで判断する必要があります。

論作文

制限時間内に指定されたテーマと文字数で論作文を作成する試験です。企業は「自分の考えを持っているか」「それらを文章にして表現することができるか」「論理的に物事を考えることができるか」などを判断します。

就活パーフェクトガイド 実践編