JS日本の企業|新卒学生のための就職活動応援サイト

就活パーフェクトガイド【実践編】面接の基礎知識

面接とは、お互いを見極めるためのもの

面接試験とは、学生にとっては「自分が満足して働ける企業か」、企業にとっては「自社に合う人材か」を、それぞれ見極めるための対話の場です。通常、内定が出るまでに数回の面接試験が行われ、コミュニケーション能力、志望度の高さ、論理的思考ができるかなどを評価します。選考を通じて、最も大きなウエイトを占める試験と言って良いでしょう。

面接官が重視する3つのポイント

自己PR

自己PRを聞くことで、どのようなことに興味を持っているか、どのような能力を持っているか、どのような成果が得られたのか、などをチェックし、仕事を遂行していく力を持っているかどうかを判断しています。
ただし、面接官は、「何をしてきたか?」だけを聞きたいわけではありません。その活動を通して、何を目標にし、どう取り組み、何を学んだのか?を聞きたいと思っているのです。このことを念頭に置き、自己PRを組み立てましょう。

志望動機

学生が、業界や自社の仕事内容にどの程度興味を持ち、また自社の仕事に関わりたいという思いがどの程度あるのかをチェックしています。陥りやすいのは、企業のホームページに掲載されている情報をそのまま話したり、他社でもあてはまるような一般的な内容を志望理由としてしまうことです。面接官は、公開情報をもとにした企業分析を学生から聞きたい訳ではありません。聞きたいことは「なぜあなたは当社に入社したいのか」という点に尽きます。この点を自分なりの回答として明確にしておきましょう。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力とは、ただ単に「誰とでも気軽に話せる」「長い内容を話し続けられる」「言葉に詰まらずに話せる」という能力ではなく、「相手の話を理解できる」「自分の話している内容が正しく理解されているかを、相手の表情や反応などから読み取ることができる」「正しい姿勢で、相手の目を見ながら話せる」といった能力のことです。
社会に出れば、常に初対面の人とのコミュニケーションが仕事として待っています。社会人としてビジネスマナーをわきまえ、会話のキャッチボールをしながら自分の考えや熱意を伝えることができるかどうか、この能力も面接における大切な評価ポイントです。

面接試験に臨む前に・・・

自己分析はできているか

自己PRをするためには、事前にきちんと自己分析をしておく必要があります。自己PRに説得力を持たせるためにも、自己分析をもとに自分の強みを検証し、具体的なエピソードを交えて端的に話せるようにしておきましょう。

志望動機を確認しよう

志望動機は必ずと言って良いほど質問される内容です。入りたいという熱意に加え、なぜその会社に入りたいのか?を伝えましょう。ここでも自己分析の結果を踏まえて、的確に説明できるようにしておきましょう。

自分の意見・考えをまとめておこう

面接試験でよく聞かれる質問の他にも、注目されている話題やニュースについてコメントを求められる場合があります。気になる話題やニュースはしっかりチェックし、自分なりの意見・考えを用意しておきましょう。

基本的なマナーを身につけよう

こだわりすぎる必要はありませんが、相手に好印象を持ってもらうためにも、服装や髪型、言葉遣いや動作など、必要最低限のマナーは身につけておきましょう。

面接形式によって異なる評価のポイント

面接試験にはさまざまな形式があり、代表的なものとして「集団面接」、「個人面接」、「グループディスカッション(グループワーク)」、「プレゼンテーション面接」などが挙げられます。それぞれの形式により評価のポイントが異なりますので、面接試験に進むことができた企業については、どのような形式の面接試験が行われるかを事前に確認し、その形式に応じた対応策を立てておきましょう。

集団面接

複数の学生が1人あるいは複数の面接官と面接を行う、1次面接など選考の序盤に行われることの多い面接形式です。

複数の学生の中、自分自身の言葉やエピソードで自分らしさをアピールできるかといった自主性や表現力、コミュニケーション能力などがチェックされます。一人ひとりに与えられる時間が短いので、質問の意図をつかみ、的確かつ簡潔に話すよう心掛けましょう。また他の学生が答えている間の態度もチェックされるので、自分の順番が終わった後も気を抜かないように注意しましょう。

個人面接

学生と面接官が1対1、あるいは学生1人と面接官複数で行う面接形式です。主に2次や3次面接など選考の中盤以降で行われます。

面接官は質問の受け答えを通して、人柄や志望度合い、能力や適性などを判断しています。集団面接よりも掘り下げた質問内容が多く、さまざまな角度から質問をされるので、具体的な内容で回答するよう心掛けましょう。個人面接は学生にとって熱意をアピールする絶好のチャンス!質問者の目を見て、一つひとつの質問に落ち着いて答えましょう。退室後も気を抜かないように注意!

グループディスカッション(グループワーク)

学生数人で、決められたテーマに関する議論や作業を行い、面接官がその様子をチェックする面接形式です。

協調性、性格、知識や考え方などがチェックされます。話を進めるリーダー役や話を整理する書記役など、話し合いを進めるために自分が何をしなければならないかを意識し、行動することが大切。チームワークを重視し、議論を展開させることがポイントです。

プレゼンテーション面接

あらかじめ用意されたテーマに沿って、決められた時間内で自分の意見や企画を面接官の前で発表する面接形式です。

相手を納得させるために、自分の意見や企画について筋道を立てて説明することが求められます。論理的な思考能力や幅広い見識が評価のポイントです。発表後には面接官からプレゼンテーションの内容について質問されることもあるので、準備は入念に行いましょう!

さまざまな質問を想定しておこう

もちろん、事前にどんな質問をされるかは分かりません。実際の面接では、さまざまな質問が投げかけられ、予想もしなかった質問をされることもあるでしょう。どんな質問にも、焦らず落ち着いて対応することが重要なのですが、事前に数多く質問を想定し、それぞれに回答を準備しておくと、慌てることも少なくなります。また、実際に困った質問がきて答えられなかった場合は、次回以降に備え、同じ質問にしっかりと答えられるよう準備しておきましょう。

失敗しても落ち込まず、次回以降の面接に活かそう。

失敗したと思っても、落ち込まないこと。次回以降の面接に活かせるよう、うまく答えることができなかった質問や、他の学生の参考になる点はメモしておきましょう。

覚えておきたい面接テクニック

悩んだときは面接官の立場に立とう

事前に答えを準備していなかった質問をされた場合、「この質問から企業は何を知りたいのか」と、面接官の立場になって考えてみましょう。重要なのは質問の意図を読み取ること。見当違いの回答をしてしまわないよう気をつけましょう。

視線は「アイゾーン」に

面接では、できるだけ面接官の目を見て話すのが基本です。相手の目を見て話すのが苦手な人は、「アイゾーン」と呼ばれる、相手の額からネクタイの結び目までの間に視線を向けておきましょう。相手には「きちんとこちらを見ている」ように映ります。

エントリーシート・履歴書を有効活用しよう

エントリーシートや履歴書は、面接の資料としても使われます。面接時、その内容について掘り下げて質問されることも多いので、エントリーシートや履歴書を書く際に、面接で注目して欲しい内容を中心に書いておくのも良いでしょう。

企業を逆面接する意識で

面接は企業に判断されるだけの場ではなく、学生が企業を見極める場でもあります。面接官に質問をする以外にも、受付の方の対応や社員の服装・身だしなみ、社内の雰囲気など、細かい部分もチェックし、どのような企業かを判断するための材料にしましょう。こういったことを意識すると、落ち着いて面接に臨むことができます。

熱意をもって面接に臨もう

面接官は何百人、何千人もの学生の面接を担当して来た採用のプロです。その人から投げかけられる質問に、的確に答えて、何回もの選考に残っていくためには、単なる面接テクニックだけでは通用しません。企業にとって面接とはなにか、その意味を十分に理解した上で、自分がその会社の発展にきっと役立てることを熱意をもって面接担当者に正しく伝えること、これを心構えとして面接に臨んでください。

就活パーフェクトガイド 実践編