古林紙工株式会社の企業紹介

古林紙工株式会社

(東証2部上場)

【 業種 】印刷関連/機械/その他メーカー

創業1934年。パッケージ業界のトップメーカー。企画から製造まで。高度な技術に豊かな感性を吹き込み、魅力ある包装容器を創り出す!

企業案内

日用雑貨や食品、医薬品など様々な分野の商品パッケージを手がけています。

あらゆる商品に欠かせないパッケージ。デザインの優位性はもちろん、耐熱性、密封性、堅牢性など、商品やユーザーによって求められる機能もさまざまです。私たちは、創業以来一貫してパッケージの製作に携わってきた企業ならではのノウハウに、独創性のあるアイデアを付加したパッケージで、お客様の商品の効果的なアピールや、販売促進のお手伝いをしています。

機能面だけでなく形状やデザイン、環境面にこだわる古林紙工のものづくり。

私たちは、世界各国から1社ずつ代表的なパッケージメーカーが参加する「IPG」に加盟。世界の先進技術を日本に数多く紹介してきました。また、環境問題にも積極的に取り組み、資源の有効活用、省エネルギー、廃棄物の削減などについて独自の「環境方針」を策定。新しいパッケージ技術の開発に邁進しています。

ここがポイント

業界内の特長
80年以上の歴史を持ちながら、常に革新的な挑戦を行ってきた私たち。包装業界で初めて、印刷・打抜・貼の一貫加工を開始し「包装印刷業界」という新しい分野を築き上げました。さらに商品の梱包、発送などパッケージを核とした業務で、ビジネスチャンスを拡大しています。
仕事内容
パッケージを印刷する紙のサイズや厚み、反り方など、その時々の紙の癖やインキの調子を見極めながら、大手をはじめとするメーカーのパッケージを創ります。自分が手がけたパッケージをCMや街中で見ることも少なくありません。ものづくりの喜びを感じることができる、やりがいのある仕事です。
入社後のキャリアステップ
昇格基準を明確化し、誰もが努力次第で昇格できる制度を設けるなど、職務を遂行するために発揮した能力を、公平に評価しています。また、新入社員集合研修、専門技術教育、階層別マネジメント教育など、継続的にスキルアップできる環境も整っています。

企業データ

事業内容印刷紙器、フィルム包装材、ラミネート加工、成型容器、商業印刷物、包装機械の製造販売
従業員数469名(2019年3月末現在)
資本金21億5,124万円
売上高129億4,900万円(2019年3月)
本社所在地大阪市中央区大手通三丁目1-12
事業所[本社]大阪
[営業所]東京、大阪、愛知、和歌山
[工場]神奈川、大阪、兵庫、和歌山
[MDセンター]東京