岡本無線電機株式会社の企業紹介

岡本無線電機株式会社

【 業種 】商社(事務機器・電子・OA関連)

業界トップクラスの取扱数を誇る半導体・電子部品の総合商社。「モノづくり」への貢献。技術力・商品力のダブル提供で世界に羽ばたく。"信用"が当社の原動力です。

企業案内

「モノづくり」の川上から川下までを支える仕事。

私たちの生活に欠かせない「衣・食・住」に関わる製品。生活を豊かにするための製品。はたまた医療の現場で活躍する製品。
私たち岡本無線電機は、電子部品・半導体の総合商社として、2,000社を超えるお客様が世界に送り出す製品に携わっています。
さらに、当社では様々な製品への開発支援を行い、お客様の新商品の実現化への提案をしています。

歴史×挑戦

私たちは、来年で創業80周年を迎える歴史ある会社です。創業期は「関東の電子パーツを関西に。関西の電子パーツを関東に。」というシンプルなコンセプトで事業をスタート。一歩ずつ着実に、しかし新しいことに挑戦しながら成長を続けています。現在では、国内(25拠点)だけにとどまらず、世界の岡本無線を目指してグローバルな事業を展開しています。(国外事業所7拠点)

ここがポイント

仕事内容
お客様の思い描く構想や“夢”を実現する仕事です。単に製品を売るのではなく、いかにお客様に“付加価値”を提供できるかが大切です。
お客様のニーズを「正確」に把握し、多種多様な取り扱い商品の中から最適な商品を選択し提供しています。営業、技術部隊で協力し合いながら、より良いご提案が出来るよう、日々試行錯誤しております。
働く環境
当社には、「人情味」溢れる社員が沢山おります。困ったことがあれば助け合う社風が根付いており、先輩や上司にも気兼ねなく相談できる、人と人との繋がりを大切にする会社です。また、新入社員フォロー研修や職種別研修など教育制度も充実。社員の成長をしっかりとフォローします。若いうちからチャレンジできるのも特長の1つで、「やりたい」と手をあげれば様々なことに挑戦できます。
事業内容
お客様の未来を技術で支えています。半導体・電子部品のスペシャリスト集団として、商品を動かすトレーダーとしての機能だけでなく、回路設計、基盤開発・実装、試作、組立など、お客様の求めている製品にカスタマイズして納める、商社だからこそできる「モノづくり」を行っています。ソフトウェア設計部門・アッセンブリ回路設計部門など、当社には理系出身の社員が活躍出来るフィールドが多くあります。(文系8割、理系2割)

企業データ

事業内容電子部品・半導体・制御部品・及び関連製品等の販売・輸出入
FPGA、マイコンの設計・開発、電子機器の回路設計・開発・アッセンブリ
設立創業1940年9月15日、設立1985年5月25日
代表者代表取締役社長 岡本 弘
従業員数508名(2019年4月現在)
資本金3億5000万円
売上高426憶円(2018年3月実績)
本社所在地大阪市浪速区日本橋4丁目8番4号
事業所本社:大阪
東京営業本部:東京、秋葉原、八王子、北関東、つくば、沼津、甲府、仙台
大阪営業本部:大阪、浪速、京都、西宮、姫路、広島、福岡、熊本
名古屋営業本部:名古屋、岡崎、浜松、金沢
海外現地法人:シンガポール、香港、シンセン、上海、台湾、タイ、ベトナム
関連会社おおとり株式会社
主要取引先仕入先/アルプスアルパイン(株)、岡谷電機産業(株)、京セラ(株)、京セラディスプレイ(株)、ケル(株)、サトーパーツ(株)、シャープ(株)、(株)タムラ製作所、TDK(株)、TDKラムダ(株)、日本ケミコン(株)、浜松ホトニクス(株)、ヒロセ電機(株)、ホシデン(株)、パナソニック(株)、(株)マックエイト、(株)村田製作所、山一電機(株)、ローム(株) 他  (五十音順)