リオン株式会社の企業紹介

リオン株式会社

【 業種 】精密機器

補聴器・騒音計のトップメーカー。医療機器と計測機器で社会に貢献。「音と振動」のコア技術で人々の生活と環境に関わる様々な製品を開発、供給し、
国内外で高い評価を得ています。

企業案内

日本で初めて量産補聴器を発売。
医療・環境分野で社会に貢献。

「医療」と「環境」をテーマに、補聴器、医用検査機器、音響・振動計測器、微粒子計測器の4製品群を軸とした事業を展開するリオン。補聴器の分野では、1948年に日本で初となる量産補聴器を発売。現在も「リオネット補聴器」として多くの方に親しまれています。

多くの世界初・日本初を生み出す技術力が強み。

当社は研究・開発に力を入れています。2017年にも世界初の「軟骨伝導補聴器」を発売するなど、高い技術力で様々な世界初・日本初の製品をリリース。国内外から広く評価をいただいています。医療・環境という社会貢献度の高い領域で着実な成長を遂げてきたリオン。2011年には東証一部に上場。2019年には創立75周年を迎えました。これからも当社の強みである技術力を生かし、人・社会・環境に貢献していきます。

ここがポイント

理念
「リオンはすべての行動を通して人へ社会へ世界へ貢献する」。これが当社の企業理念です。製品開発から製品の提供・サービスに至るまで、お客様のことを最優先に考え、業務を行っています。
入社後のキャリアステップ
総合職採用のため、本人の配属希望と適性および会社の方針を踏まえて配属先を決定します。自分自身では気がつかなかった適職で活躍できる可能性のある採用方式です。また、異動の頻度は各職場の業務内容により異なります。少数精鋭の組織で働くため、一人ひとりの担う業務の重要性が高く、自分自身で考え、業務を遂行していく力が身に付きます。
社内制度
社員の活躍をサポートするための充実した研修制度があります。入社後2ヶ月間の新入社員研修に始まり、配属後のフォローアップ研修や職場での業務に必要な各種技術研修・階層別研修など様々な研修を積極的に実施しています。製品の知識は、当社主催のセミナーを通して習得できます。また、学会での発表や研究機関との連携の機会もあります。

企業データ

事業内容補聴器、医用検査機器(主として耳鼻咽喉科関連)などの医療機器及び騒音計、振動計、地震計、微粒子計測器などの環境機器の開発・製造・販売
設立1944年6月21日
代表者代表取締役社長 清水健一
従業員数864名(2018年3月現在・連結)
本社所在地東京都国分寺市東元町3-20-41
事業所本 社:東京都国分寺市
営業所:大阪市、名古屋市、仙台市、新宿区、文京区
海 外:オランダ
関連会社≪リオングループ≫
東日本リオン(株)、九州リオン(株)、東海リオン(株)、リオン金属工業(株)、リオンサービスセンター(株)、リオンテクノ(株)、上海理音科技有限公司など