東京エレクトロン デバイス長崎株式会社の企業紹介

東京エレクトロン デバイス長崎株式会社

【 業種 】その他電気・電子関連

組込機器の開発〜製造を手がける国内屈指の電子機器メーカー自社製品・受託製品の両輪で、幅広い産業のデジタル化に貢献

企業案内

製品企画から開発・設計、部材調達、試作、製造まで、すべてのフェーズに対応

当社は組込技術が発展途上にある創生期から、マイクロコンピュータの応用技術を基盤とした産業用組込製品の開発・設計、製造を通じて成長・発展してきました。グローバル化、情報化、環境問題への対応など時代が大きく変化する中、エレクトロニクス業界も急速な技術革新が進んでいます。その中で、当社は設計〜製造の自社一貫体制を武器に、自社製品と受託製品の両輪で事業を展開。お客様のニーズに幅広く応えられる技術と体制を確立しています。

電気・電子・情報、機械システムの知識が活かせる仕事

当社では自由度の高いエネルギーシステムの開発に注力するなど、新市場にも積極的に参入しています。製品の開発においては、設計の工程が重要な鍵を握ります。当社では、ハードウェア・ソフトウェアの設計において、工学系、特に電気・電子・情報、機械システムの知識を持つエンジニアが多く活躍しています。

ここがポイント

特長
当社は産業用の組込技術を有する国内屈指の企業として業界内で高い認知度を誇っています。自社工場があり、産業用組込機器の開発・設計から調達、生産まで対応できる「ものづくり」の一貫体制を構築。設計部門と製造部門とのスピーディーで確実な連携により、お客様のニーズを満たす製品を提供しています。
仕事内容
【ハードウェア設計エンジニア】
デジタル回路設計、アナログ回路設計、パワーエレクトロニクス回路設計など最先端の研究・開発業務に携わります。

【ソフトウェア設計エンジニア】
組み込みソフトウェア、通信ファームウェア設計などに携わります。
教育・研修
人材の育成に力を注いでいるのも特長の一つです。社員一人ひとりが技術力を高められるよう、定期的な社内研修や公的機関の技術研修など、様々な研修制度を用意しています。生産に必要な知識に加え、技術面でのスキルアップを図ることで、時代が求める新しい製品の生産を実現しています。

企業データ

事業内容電子機器の開発・設計・製造・販売
(分散型電源装置、CTI関連機器、ラック監視装置、半導体製造装置、画像処理機器、計測制御機器、通信関連機器、カスタム設計、FAコンピュータの研究開発・設計・製造・販売)

【自社製品】
・CTカードシリーズ
・RMSシリーズ
・シングルボードコンピュータ
・スマートエネルギー関連製品
・標準バスボードを中心とする機器
・高機能デジタル制御電源

【受託製品】
・エネルギー関連検査装置制御ボード
・半導体製造装置組込制御用ボード
・電力、電源関連計測機器
・ネットワーク関連機器
・養殖関連検査機器
・液面測定装置
・公共交通空調制御用ボード
・省エネルギー関連計測機器
・各種産業機器組込コントローラー など
設立1987年11月
代表者代表取締役社長  川浪 義光
従業員数146名(2019年5月現在)
資本金1億3400万円
売上高27億6,200万円(2018年3月期)
本社所在地長崎県諌早市津久葉町6-42
事業所【本社・工場】
長崎県諌早市津久葉町6-42  

【情報機器営業部】
神奈川県横浜市神奈川区金港町1番地4 横浜イーストスクエア