大阪装置建設株式会社の企業紹介

大阪装置建設株式会社

【 業種 】建設

創業120年以上。社会インフラを支える総合エンジニアリング企業。ノーベル賞受賞のきっかけとなった「スーパーカミオカンデ」の施工も手がけました。

企業案内

各種プラントやエネルギー設備などの設計・製作・施工を手がけるプロ集団。

私たち大阪装置建設は、プラント設備やエネルギー設備、ガス設備、ダム・水門・橋梁などの設計・製作・施工を通じ、国内外で広く社会に貢献している総合エンジニアリング企業です。創業は明治28年。120年を超える歴史の中で培ってきた豊富な経験と技術が当社の強みです。大阪ガスをはじめとするエネルギー企業や、鉄鋼・重工業・製薬など幅広い分野の大手メーカーと取引があり、厚い信頼を獲得しています。

2016年、エネルギー業界の一翼を担うイデックスグループに加入。

当社は2016年11月に株式会社新出光が率いるイデックスグループに加入し、新たなエネルギーマネジメントサービスの確立に向けて一歩を踏み出しました。地球規模でエネルギーの考え方・あり方が大きく変化する現代。当社はこれまで蓄積してきたエンジニアリング技術をベースに、新時代の産業エネルギーを担う企業として成長・発展していきます。

ここがポイント

理念
長年にわたって蓄積された豊富な経験と技術に慢心することなく、常に「品質の向上」と「顧客満足」を高めることを目標に新たな改革にも積極的に取り組んでまいります。また、2008年1月にはエコアクション21の認証を取得し、地域及び地球環境に与える影響に配慮した事業を展開してまいります。
業界内の特長
宇宙の成り立ちを知る手掛かりとなる素粒子(ニュートリノ)を観測する設備「スーパーカミオカンデ」。施設の発案者である小柴東大名誉教授が2002年に「ノーベル物理学賞」を受賞し、世界の注目を集めました。この巨大な研究施設の建設には、当社の高度な技術が豊富に生かされています。
仕事内容
【施工管理職】
施工現場で工程や品質、安全面など、プロジェクト全体を管理する役割を担います。
【技術営業職】
専門知識を活かして、施工にあたっての技術的なアドバイスを行います。

企業データ

事業内容・都市ガス供給導管(外管、供内管)敷設工事
・住宅設備機器販売・設置工事
・コージェネレーション設備の据付配管工事
・食品・科学・薬品プラントの設計・製作・工事
・各種環境関係設備の製作・工事
・水力発電所用の水門・水圧鉄管の工事 など
設立創業1895年4月(明治28年)
代表者代表取締役 清水 保弘
従業員数83名(2019年4月1日時点)
資本金5,000万円
売上高44億円(2019年3月実績)
本社所在地大阪市西淀川区姫島3-11-27
関連会社イデックスグループ
(株式会社新出光 100%子会社)
主要取引先アサヒビール(株)
大阪ガス(株)
(株)大阪ソーダ
川崎重工業(株)
JFEエンジニアリング(株)
新日鐵住金(株)
住友化学工業(株)
住友重機械エンバイロメント(株)
西華産業(株)
(株)ダイキンアプライドシステムズ
ダイソーエンジニアリング(株)
武田薬品工業(株)
東京ガスエンジニアリングソリューションズ(株)
日鉄住金P&E(株)
日立造船(株)
(株)ブリヂストン
豊国工業(株)
(株)丸島アクアシステム
三井造船(株)
三菱重工業(株)

(五十音順)