日本冶金工業株式会社の2022新卒採用トップ

日本冶金工業株式会社正社員

【 業種 】鉄鋼・非鉄金属

日本を代表するステンレス鋼のトップブランド。
高機能材への挑戦で、さらなる高みへ。エネルギー・環境分野で求められる高機能ステンレスを成長戦略の柱として、新たな価値を創る。

企業案内

ステンレス鋼と高機能材。世界に類を見ないステンレス特殊鋼メーカーとしての挑戦。

冶金(やきん)とは、金属を精製し加工すること。私たち日本冶金工業はその技術を研ぎ澄まし、1935年に初めてステンレス鋼を製造して以来、ステンレス鋼のトップメーカーとして歩んできました。現在は長年培ってきた技術力を進化させ、耐食性・耐熱性においてステンレス鋼を凌駕する高機能な高ニッケル合金の製造・販売拡大に注力。次世代社会を支える新しい素材メーカーとなるべく、国際的な事業拡大に挑戦しています。

10年後、100年後の社会を支える金属を創造する、卓越した技術。

私たちが独自に開発する高機能材は、高耐熱、高耐食あるいは熱膨張制御といった特性を持つ強靭な素材です。耐久性に優れたこの素材は羽田空港の再拡張工事でも採用されたほか、エネルギー・環境分野を中心に発展を続けています。

説明会情報

ステンレス鋼専業メーカーである当社の製品や技術から、素材メーカーでの働き方やキャリアパスなどを紹介します。
・「鉄鋼業だけでなくメーカー全般に興味がある」
・「B to Bの会社について知りたい」
・「都市圏のメーカーで働きたい」
・「メーカー社員のキャリアパスを知りたい」
などなど少しでも興味を持って頂いた方はリクナビ2022・マイナビ2022からエントリーして是非ご参加ください。
リクナビ2022:https://job.rikunabi.com/2022/company/r737500049/
マイナビ2022:https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp239209/outline.html

ここがポイント

経営戦略
これまでに培ってきた技術力と開発力を武器に、当社ではステンレス鋼と同じ量産設備を用いて高機能材を製造するという、世界でも類を見ない試みを実現させました。溶解精錬から連続鋳造、熱間圧延、冷間圧延までの全工程を同一製造所内で行うことで、低コスト、短納期という高い競争力を獲得し、世界への飛躍の足がかりとなっています。
業界内の特長
本社から東京駅まで徒歩5分。川崎製造所から羽田空港まで車で10分。国内、海外両方のビジネスにおいて発揮される機動力と利便性が当社の強みです。今後世界各地にビジネス拠点を広げていきますが、この2つがこれからも事業を発展させていくベースであることは間違いありません。
仕事内容
当社には、研究・開発をはじめ、製造技術、設備技術、システム、販売、生産管理、企画などの仕事があります。技術系の職種では、金属・材料、機械、電気・電子、化学などの知識が活かせます。高機能材の拡充に意欲的に挑戦する当社で、皆さんの力を思う存分発揮してください。

企業データ

事業内容ステンレス鋼、耐熱鋼・高ニッケル合金鋼の鋼板、鍛鋼品および加工品の製造・販売。フェロニッケルの製造。
設立1925年8月22日
代表者代表取締役社長 久保田 尚志
従業員数1,097名 (2020年4月1日現在)
資本金243億910,790円
売上高1,114億7,200万円(2020年3月期)
本社所在地東京都中央区京橋一丁目5番8号
事業所東京本社・営業6拠点(東京・大阪・新潟・広島・名古屋・福岡) 川崎製造所(神奈川県)・大江山製造所(京都府)
関連会社海外現地法人(ロンドン・シカゴ・シンガポール・上海) NASグループ各社
主要取引先自動車、航空、造船、機械、電気、建設、化学 ほか

募集・採用に関する情報

直近3事業年度の新卒採用者数と離職者数
【総合職採用者数】前年度13人 2年度前6人 3年度前7人
【総合職離職者数】前年度 0人 2年度前1人 3年度前0人
直近3事業年度の新卒採用者数の男女別人数
【総合職採用者数(男性)】前年度9人 2年度前5人 3年度前7人
【総合職離職者数(女性)】前年度4人 2年度前1人 3年度前0人
平均勤続年数
【総合職】19.6歳

連絡先

〒104-8365
東京都中央区京橋一丁目5番8号
日本冶金工業(株) 人事部 採用担当
TEL:03-3272-1674
E-Mail:saiyouyakin@nyk.jp