川重岐阜エンジニアリング株式会社(川崎重工グループ)の企業紹介

川重岐阜エンジニアリング株式会社(川崎重工グループ)

【 業種 】設計/鉄道・航空/輸送機器

航空宇宙技術に特化し、最先端に挑むエンジニアリング企業。創業40年!川崎重工業 航空宇宙部門のパートナーとして、開発から技術サービスまで一貫して提供。

企業案内

航空宇宙に関連する製品の開発・製造における技術支援を行う。

当社は1981年、川崎重工業株式会社の技術関連分野を支援する関連会社としてスタート。以来、川崎重工業・航空宇宙部門で生産する防衛航空機、民間航空機、宇宙機器などの設計技術、生産技術、情報技術を支えています。同時に最先端の技術と高度な専門知識を活かし、顧客のニーズに応じた独自の商品・技術サービスも提供しています。

「技術頭脳集団」として、航空宇宙産業で大きく飛躍する技術力。

当社は97%が技術者という、航空宇宙技術に特化した技術者集団です。最先端をゆく産業である航空機や宇宙機器は、あらゆる知識や技術の集約であり、さまざまな分野の専門家が活躍しています。機械系、電気電子系、情報系など、幅広い分野で活躍の場があります。人材育成制度も整っており、定年までエンジニアとして自信をもって働けます。

ここがポイント

働く環境
当社は川崎重工業(株)岐阜工場内にあります。製造現場から近く、工場の隣には航空自衛隊岐阜基地の滑走路があるため、航空機の製造工程や完成機体、さらには飛び立つ姿を自分の目で確かめることができます。また、グループ全体が家族的な雰囲気で、より良いモノづくりのために皆で協力しています。
仕事内容
航空宇宙関連機器の「開発・設計・解析・試験」「ソフトウェア開発」「生産技術」に携わります。川崎重工業の技術パートナーとして技術支援はもちろん、国内外での研究開発プロジェクトへの参加や技術なども提供。各分野のプロフェッショナルとして、日々知識を蓄え、技術を磨き続ける魅力ある仕事です。
商品・サービス
世界有数の大手メーカー、エアバス・ヘリコプターズ・ドイツ社(AHD社)と共同開発・製造した「BK117ヘリコプタ」はベストセラー機です。広い機内とコンパクトな外寸を両立させた当機は、医療・消防・報道の現場で活躍しています。またブルーインパルスとして活躍する航空機の開発にも携わっています。

企業データ

事業内容川崎重工業(株)航空宇宙システムカンパニーの技術パートナーとして航空機や宇宙機器などの開発・製造における、設計、解析、試験、情報および生産等の技術支援を提供しています。
設立1981年7月1日
従業員数575名(2021年4月現在)
資本金7,000万円
売上高65億円(2020年度実績)
本社所在地岐阜県各務原市川崎町2番地