株式会社丸島アクアシステムの企業紹介

株式会社丸島アクアシステム

【 業種 】プラント・エンジニアリング/建設/金属製品/機械/電気・水道・ガス・エネルギー

創業90年を超える、水インフラ業界のリーディングカンパニー。水門分野の業界シェア国内トップクラス!官公庁と連携し防災・減災にも貢献。

企業案内

水門・水処理・水環境をトータルで扱う「水」のスペシャリスト。

当社は数少ない「水インフラの専門メーカー」として、水門・水処理プラント・水環境システムなど、水に関わる分野で幅広く活躍しています。なかでも、ダムや河川、津波対策などに用いられる水門分野においては、日本企業で最も長い歴史を持ち、国内トップクラスの施工実績を誇ります。これからも歩みを止めることなく新事業・新分野に挑戦し「100年企業」を目指します。

取引先は官公庁主体。災害から命を守る巨大プロジェクトに携わる。

多発する水害・土砂災害や迫りくる巨大津波対策など、人々の暮らしをより安心・安全なものにする「水インフラ」への期待は高まり続けています。当社では、ダム・河川の他、津波・高潮対策の水門、防波堤なども手掛けており、水をコントロールする技術で貢献しています。また、官公庁や自治体、電力会社とともに、公共事業を通じて社会インフラを構築しています。

ここがポイント

仕事内容
主な仕事は4つあります。水門などの機械装置等を設計する「機械・電気設計の技術職」。製品設置の最終工程を任される「施工管理職」。お客様のニーズを直に汲み取り、製品・企画に反映する「SE」。プレゼンなどを通して受注に結びつける「営業職」。強固なチームワークで、巨大プロジェクトを遂行しています。
業界内の特長
当社は独自の水理研究所を持ち、今後予測される南海トラフ巨大地震や津波・洪水の防災のための新製品の研究・開発にも注力しています。近年では京都大学と共同研究会を立ち上げ、押し寄せる津波の力で起き上がる「流起式可動防波堤」を開発。長年培った高い技術を活かし、実用化に向け取り組んでいます。
働く環境
「ワークスタイルイノベーション委員会」を中心に、業務効率化やノー残業デーの導入、1週間程度の連続休暇を年2回取得できる「長期休暇制度」の運用など、ライフ・ワーク・バランスを推進しています。また、労使主催のイベント行事もたくさんあり、社内での縦と横の繋がりが築きやすく、働きやすい環境です。

企業データ

事業内容水インフラの開発・設計・製造・施工(ダム・河川用水門・バルブ、水処理プラント、水環境システム、津波・都市防災設備、橋梁、クリーンエネルギー装置等)
設立1928年9月25日(創業)
代表者代表取締役社長 島岡 秀和
従業員数263名(2020年8月現在)
資本金4億4,000万円
売上高95億7,061万円(2020年8月期)
本社所在地大阪府大阪市中央区谷町5-3-17
事業所[支店]東京、北海道、東北、九州
[営業所]盛岡、新潟、横浜、静岡、名古屋、三重、広島、大分、沖縄
[工場]奈良工場、東北工場
関連会社丸島産業株式会社
株式会社アクアメンテック
公益財団法人 島岡教育基金
主要取引先・国土交通省
・農林水産省
・都道府県土木関係課ならびに土地改良関係課
・日本下水道事業団
・独立行政法人 水資源機構
・地方自治体
・電力会社など