面接前の準備

業界・職種・企業について研究する

企業や業界に興味を持った理由などをあらかじめ明確にしておくことが重要です。面接の時には志望理由を聞かれることが多くあるので、自分の考えをしっかりとまとめておきましょう。

業界・企業・職種研究の詳しいやり方はこちら!

自己分析から自己PRを考える

企業や業界のことだけではなく、自己分析をしておくことも重要です。面接では、自分の経験をふまえて志望理由や自己PRを伝えることで、より具体的になり説得力が増します。

自己分析の詳しいやり方はこちら!

志望理由を整理する

面接では、ほとんどの場合志望理由を確認されます。質問に備えて下記の項目に着目しながら、志望理由を整理しておきましょう。

<企業の事業内容や業界、企業理念など>
企業のことも知らずに面接を受けてはいけません。まずは志望する企業の基本的な事業内容や業界、企業理念をホームページなどで調べましょう。

<その企業に興味を持った理由>
同じ業界にも多くの企業がある中で、なぜその企業のインターンシップに参加したいのかを考えましょう。「オリジナルの製品を作っている」「業界のトップシェアを誇っている」など、その企業の特徴を意識しながら整理することが大切です。

<インターンシップで学びたいこと>
あらかじめプログラムの内容を理解し、その中で自分の目的をふまえて学びたいことを整理しましょう。自分の価値観や興味などを関連づけて考えるとよりぐ他愛的になります。

質問例と答え方のポイント

質問例)志望動機を教えてください。

【ポイント】
企業研究をしっかり行っているかが問われる質問です。この質問で重要なのは、「なぜこの企業のインターンシップに参加したいのか?」をしっかりと説明することです。業界に対する志望動機だけになってしまうと、「同じ業界なら他社でも良いのでは?」と思われてしまいます。

質問例)自己PRをしてください

【ポイント】
自己PRでは、自分の弱みを説明する必要はありません。過去のエピソードをふまえ、自分の得意なことや強みを意識して答えましょう。

質問例)あなたの強みを教えてください。

【ポイント】
「自己アピールする」という意味では先述の質問と似ているように思えますが、質問に対する答えとして、ここでは「強み」の結論を最初に伝えましょう。

もちろん、ここでもエピソードを交えて話さなくてはいけません。また「その強みをインターンシップにどう活かすか」を伝えることも重要なポイントです。

まとめ

面接を受ける際には、自分を売り込むための「自己PR」と、企業に熱意を伝えるための「志望動機」が一番大きなポイントとなります。この2つをしっかりと固めておくことで、かなりスムーズに面接を受けることができます。そのために必要なのが自己分析、業界・職種・企業研究です。時間をかけて準備しておくとよいでしょう。