大阪大学就活OBOG取材

外国語学部

日本通運株式会社

OBOG訪問可能
陸・海・空のあらゆるモードを駆使した輸送で業界トップの実績を誇る。
国際海上輸送における営業業務で、社会の根底を支えるやりがい。

営業

2019年 外国語学科 日本語専攻卒業
海運事業支店 営業第二部第1グループ

野村 華

OBOG訪問を受け付けています

連絡先

人財戦略部
nittsu-recruit@nipponexpress.com

大学時代に力を注いだこと

大学時代は、日本語教育と言語学を中心に学び、1年間休学して「日本語パートナーズ」としてインドネシアを訪問しました。インドネシアでは現地の日本語の先生と一緒に日本語の発音指導や日本文化の紹介、放課後に日本語クラブを開くなど、貴重な経験ができました。異文化の中での生活を通して得た、様々な価値観に対する柔軟な姿勢は、海外と関わることも多い現在の業務で大いに役立っています。

会社の特徴・雰囲気

当社の強みは陸・海・空のあらゆるモードを組み合わせ、お客様のニーズに合わせた輸送を提供できることです。引っ越し等の個人顧客向けの貨物から、企業向けのダイナミックなものまで幅広い輸送を担っています。日本国内だけでなく、海外に広がるネットワークを駆使した輸送も行っています。社内の雰囲気は、上司も先輩も優しく丁寧に指導してくれるため、働きやすい環境があります。

仕事内容、やりがい

国際海上輸送を行う部門に所属しており、主な業務は輸出・輸入の営業及び実務手配です。具体的には見積り作成から船積みスケジュールの提案、貨物集荷の手配、税関への申告、B/L(船荷証券)の発行、貨物配達のアレンジを行います。納期最優先やコスト面重視など、お客様の要望に合ったサービス提供を心掛けており、難しい案件を達成した際に「さすが日通さん!」とお客様に言っていただけることがやりがいです。

新型コロナへの対応

新型コロナウイルス感染対策として、週に1~2日交代でテレワークを行っています。輸出入の手配では紙を扱う場面が多くありますが、コロナ禍ではペーパーレス化が推進されています。また、対面で顧客向けの営業をする機会が減りましたが、Webツールを活用し、社内だけではなく海外のお客様とも綿密なコミュニケーションを取ることができるようになりました。

後輩へのメッセージ

「社会の根底を支える仕事がしたい」という私の就活の軸に合致していたこと、自分自身が生き生きと働いている姿を想像できたこと、先輩が誇りを持って接してくれたことの3点が入社の決め手になりました。就職活動では、興味がある業界・職種には躊躇せず飛び込んでみてください。その結果、当社で一緒に働くことができる方がいれば嬉しいです!気になることがあれば、OB・OG訪問を受け付けていますのでお気軽にご連絡ください!

日本通運株式会社
  • 事業内容

    自動車輸送、鉄道利用輸送、海上輸送、船舶利用輸送、利用航空輸送、倉庫、重量品・プラントの輸送・建設

  • 本社

    東京都港区東新橋1-9-3

  • 連絡先

    人財戦略部
    03-6251-1472
    nittsu-recruit@nipponexpress.com