大阪大学就活OBOG取材

大学院 情報科学研究科

株式会社ADEKA

OBOG訪問可能
食品と化学の2事業を展開する中間素材メーカーで
製パン・洋菓子に欠かせない業務用油脂製品の研究開発を担う。

技術・研究

2017年 バイオ情報工学専攻修了
食品開発研究所 食品研究室

野村 悠太

OBOG訪問を受け付けています

連絡先

人事部 採用・育成グループ
saiyou@adeka.co.jp
※2021年10月以降受付

大学時代に力を注いだこと

大学時代は、軽音楽部での部活動に力を注いでいました。軽音楽部では、約100バンドほど出演するオーディションを勝ち抜いて、大学内で一番大きな野外ステージでライブを行うなど、バンドリーダーとして精力的に活動していました。

会社の特徴・雰囲気

当社は化学品と食品の素材メーカーであり、私は食品部門に所属しています。食品部門ではマーガリンやホイップクリームなどの業務用油脂製品を主に取り扱っています。製パン・洋菓子業界などに幅広く関わっており、特にマーガリンは業界トップクラスのシェアを誇ります。営業から研究開発までの機能が本社地域に集約され、非常にスピード感のある研究開発ができています。会社は穏やかな人が多く、上司とも気軽に話せる雰囲気です。

仕事内容、やりがい

私の主な仕事内容は、ホイップクリームの研究開発です。製品の設計から試作、スケールアップと現場導入、市販化まで一貫して携われることが魅力だと思います。入社して初めて採用された製品が実際に販売されているところを見たときは、非常に嬉しかったです。

新型コロナへの対応

新型コロナウイルスの影響を受けて、週に1~2回の在宅勤務を行っています。在宅勤務では、オンラインでのミーティングやデータ解析などを中心に行っています。今までは紙を使って対面で行っていた業務がオンラインで実施できるようになるなど、コロナ前よりも効率的に業務を行えるようになった部分もあります。製品開発の面では、巣ごもり需要に対する製品の提案など、新しい需要に対応した取り組みを進めています。

後輩へのメッセージ

私が当社への入社を決めたのは、働く社員の人の良さに惹かれたからです。面接などを通して社員と何人かお会いし、自分の働く姿をしっかりとイメージできたことが決め手になりました。様々な業種や職種の人と話すことができるのは就職活動のうちだけだと思いますので、多くの会社に触れてみてください。コロナ禍でこれまでの就職活動とは異なる面も多いかと思いますが、皆さんの就職活動がより良いものになることを祈っています。

株式会社ADEKA
  • 事業内容

    化学品と食品の2つの事業を展開し、衣・食・住の各分野で社会を支えています。海外展開も推進し、時代とともに成長するグローバル企業です。

  • 本社

    東京都荒川区東尾久7-2-35

  • 連絡先

    人事部 採用・育成グループ
    03-4455-2806
    saiyou@adeka.co.jp