大阪大学就活OBOG取材

大学院 理学研究科

大峰堂薬品工業株式会社

医療用漢方錠剤で国内No.1。世界市場にも挑む漢方薬メーカーで、
新しい医薬品の開発に取り組む充実の日々。

技術・研究

2017年 生物科学専攻修了
研究開発部 開発2課

矢島 果奈

大学時代に力を注いだこと

大学・大学院時代は研究に注力していました。研究室で築き上げたPDCAサイクルは現在の仕事にも役立っています。研究室で学んだ分野(生物学)と現在の仕事(化学)が異なるため入社当初は戸惑いましたが、経験や勉強を重ねることで解決できました。バックグラウンドの分野が異なっても、学ぼうと思う気持ちがあればなんとでもなるものだと実感しています。

会社の特徴・雰囲気

私たち大峰堂は漢方薬を中心とした天然物医薬品を得意分野としており、数多くの医療用漢方薬やOTC漢方薬を開発・製造しています。大手製薬メーカーをはじめとした多くのお客様の依頼をうけ、CMに登場するようなブランドも含めた様々な製品を世に送り出しています。当社の自慢はずばり働く人たちです。全員が非常に個性的で、部署によってもカラーが異なっているのが大峰堂の魅力だと思います。

仕事内容、やりがい

現在は開発課で医薬品の新製品開発に携わっています。液体クロマトグラフィーをはじめとする分析装置を用いて製品の品質と安定性に関するデータを取得。その結果をもとに国や県に申請する書類を作成しています。また、自分が確立した試験方法を品質管理課に引き継ぐのも重要な仕事の1つです。品質管理課は製造工程で日常的に試験を行うため、作業が複雑化しないように心がけています。

新型コロナへの対応

業務内容によっては在宅で勤務されている社員の方もいらっしゃいますが、私自身は社内にある分析機器を使用しなければならないこともあり、基本的に出社して業務をおこなっています。しかし、検温や消毒、マスク着用の徹底、アクリル板の設置、会議のWEB化いった様々な感染症対策がとられているほか、感染したり濃厚接触者になってしまった場合の休業補償についての独自ルールの設定もされており、安心して働ける環境が整備されています。

後輩へのメッセージ

就職活動時、私は「機能性素材の研究ができる会社」を軸に企業を探していました。その中で大峰堂と出会い、素材研究に注力している点や、食品・トイレタリーといった新市場への進出にも積極的な点に魅力を感じました。また、和気あいあいとした会社の雰囲気も自分にぴったりで、それが入社の決め手になりました。説明会などでは、実際にその会社で働いている人の雰囲気を見てみることをおすすめします。

大峰堂薬品工業株式会社
  • 事業内容

    漢方薬などの天然物由来に特化した医薬品の開発・製造および、エキス抽出技術を用いた天然物由来の新規素材の研究開発

  • 本社

    奈良県大和高田市根成柿574

  • 連絡先

    総務人事課
    0745-22-3601
    saiyo@ominedo.co.jp