大阪大学就活OBOG取材

薬学部
地域で身近な医療人を目指して。
かかりつけ薬剤師として患者さまに寄り添い、健康をサポートする。

専門

2013年 薬学科卒業
日本調剤 阪大前薬局 薬剤師
店舗責任者 兼 管理薬剤師

正岡 麻里

大学時代に力を注いだこと

大学時代、3年生までは日々の講義や試験、アルバイトに追われ、4年生になってからも研究室で研究漬けの毎日で、とにかく目の前のことをこなしていく日々でした。そんな中でも、友人と京都へ遊びに行ったりお茶会をしたり、夜遅くまで話したりとたくさん遊んだ楽しい思い出もいっぱいあります。私は薬学部に進学した時から、薬剤師として働きたいと思っていたので、臨床系の研究室を選びました。

会社の特徴・雰囲気

会社の強みは、かかりつけ薬局・かかりつけ薬剤師として、自信を持って患者さまをサポート出来る薬剤師の意識と教育体制だと感じます。全国に展開される店舗のうち、8割以上の店舗にかかりつけ薬剤師が在籍し、日頃からお薬相談を行ったり、お電話での体調確認など、患者さまにとって身近な存在を目指しています。社内教育制度も充実しており、大学病院や総合病院前の店舗も多いため、やる気があればどんどん成長出来る環境が整っています。

仕事内容、やりがい

現在、私は店舗責任者兼管理薬剤師として大学病院前の店舗に勤務しており、かかりつけ薬剤師としても患者さまフォローをさせて頂いています。普段は処方せん薬の調剤・鑑査・服薬指導を行い、それに加えて店舗運営や行政面での管理などを行っています。かかりつけ患者さまの中には「正岡さんに対応してもらえないならこの薬局に来る意味がない」とまで仰って下さる方もおられ、やる気につながります。

新型コロナへの対応

薬剤師に限らず、医療職の方々は在宅ワークへの切替が出来ないことから、毎日これまで通り出勤しています。安心して患者さまにご来局いただけるよう、アルコール消毒やマスク、換気、パーテーションの設置を徹底しています。また、コロナ禍でのオンライン診療開始に伴い、お薬の配送やオンライン服薬指導の環境も整えています。さらに、薬局での待ち時間対策として、お薬手帳プラスというアプリのご利用もお勧めしています。

後輩へのメッセージ

私はもともと病院または薬局薬剤師として働きたいと思っていたため、敢えて就職活動ではドラッグストアの説明会にも参加しました。就活生でなければ多職種・他社の様子を知る機会はありません。それによって他の職種が選択肢に加わるかもしれませんし、あるいはさらに自身の決断が固まるかもしれません。ファイト!応援しています!

日本調剤株式会社
  • 事業内容

    大学病院や総合病院の門前薬局を中心に、全国に670店舗以上を展開する大手調剤薬局です。医療に真摯に向き合う姿勢を大切に、日本全国の患者さまに貢献しています。

  • 本社

    東京都千代田区丸の内1-9-1 グラントウキョウノースタワー37階

  • 連絡先

    薬事採用センター
    03-6810-0807
    saiyou@nicho.co.jp