大阪大学就活OBOG取材

法学部

株式会社大窪鐵工所

OBOG訪問可能
世界トップブランドの顧客内シェアNo.1製品を有する精密機械部品メーカー。
管理部門で、社員のサポートや採用活動に携わる充実の日々。

事務・管理

2017年 法学科卒業
総務・経営管理課 主任

原 由希子

OBOG訪問を受け付けています

連絡先

総務・経営管理課
078-944-0005
soumu@okubotk.co.jp

大学時代に力を注いだこと

大学の混声合唱団で4年間みっちり活動していました。3年生の時にはパートリーダーとして約30名のメンバーをまとめる役割を担当。時間もお金もかかる上にプレッシャーもあり、人生で一番長い4年間だったと思うほど過酷な経験でした。そのおかげで、大切な仲間と心に残る青春時代を得ることができ、仕事で少し大変なことがあっても、余裕を持って過ごせています。

会社の特徴・雰囲気

当社は、建設機械に搭載される精密機械部品を製造している会社です。社員数約100名の会社ですが、設立70年を超え、今では世界トップブランドの顧客内シェアNo.1製品が複数あります。人数が多くないからこそ一人ひとりの守備範囲が多岐にわたり、様々な業務に携わることができます。また、社員同士の距離が近く、困った時は誰かがサポートしてくれる社風のため、皆で一緒に成長することができます。

仕事内容、やりがい

私は総務・経営管理課で、総務・人事・採用・経理といった管理部門全般を担当しています。総務・経理は会社や社員のサポートが主なので、社員から「ありがとう」と言ってもらえた時は、また頑張ろうと思えます。採用活動では、学生さんに入社を決めてもらえた時、私たちの魅力が伝わったんだと嬉しくなります。同時に、皆に幸せな社会人生活を送ってもらえるよう頑張らないと、と身が引き締まります。

新型コロナへの対応

ありがたいことに、コロナ禍でもお客様から多くのご注文をいただいており、会社は臨時休業等せず通常通り操業できています。会社の管理部門は労働環境がイレギュラーになるほど、対応しなければならないことが多くなります。以前よりも社員の体調に気を配るようになりました。また、社会保険労務士の先生と細やかに連絡を取り、臨時休業等の「もしも」のことがあった時も対応できるように心がけています。

後輩へのメッセージ

自分が就活生だった時、1年後に何をしているかわからない不安と、大変な社会人生活を想像して、ネガティブな気持ちでいっぱいでした。ですが、実際は温かい人たちに囲まれて色んな仕事ができ、「社会人って案外楽しいな」と思えたのが入社して一番の驚きでした。そんな気持ちになれたのも、中小企業だからこそだと思います。大企業だけでなく、ぜひ中小企業にも目を向けて視野を広く就活をしてもらえたら嬉しいです!

株式会社大窪鐵工所
  • 事業内容

    建設機械や油圧機器部品の製造及び販売

  • 本社

    兵庫県明石市二見町南二見11-3

  • 連絡先

    総務・経営管理課
    078-944-0005
    soumu@okubotk.co.jp