大阪大学就活OBOG取材

法学部

弁護士法人ALG&Associates

医療を扱う数少ない法律事務所。
医療過誤を扱う弁護士として、高い専門性をもって事件に向き合う。

専門

2006年 法律学科卒業
東京法律事務所 パートナー 弁護士

井内 健雄

大学時代に力を注いだこと

趣味のバスケやサッカーをしたり、バイトをしたりと普通の大学生活です。
一方で、司法試験を受けることを決めて以降は、司法試験専門予備校のLECに通っていました。
大学時代に力を入れて注いだというのは、特段ありませんが、今でも財産として残っていると思われるのは、
その時知り合った友人やそのとき勉強して得られた弁護士という資格です。

会社の特徴・雰囲気

東京、大阪、名古屋、博多等主要都市に営業所があり、自分の働きたい地域で活動が可能。
医療を扱う数少ない法律事務所
特に医療過誤を扱う弁護士は大学院の医学研究科に通い、博士課程をとることにより、自らのキャリアアップと専門性を高めている。

仕事内容、やりがい

現在、弁護士になって、9年目であり、医療過誤事件を主に取り扱っている。
個々の事件は複雑で、医療という特殊な領域であり、専門性の高い分野であり、大変である一方で、
専門分野が極められ、また、依頼者から感謝がストレートに伝わりやすい仕事である。

新型コロナへの対応

担当事件や相談に支障がない限りは、出社の時間は融通を利かせることができるため、基本的には、時差通勤等が可能。
従来打合せは事務所での面談が多かったが、コロナ禍の状況下で、Zoom等のWeb会議システムを利用した打合せ、相談をするようになった。
緊急事態宣言中は、多くの裁判で、テレビ会議で行われている。

後輩へのメッセージ

就職活動の際、私はあまり考えていなかったというのが正直なところです。
実際に、弁護士になったばかりのとき、現在のように医療過誤を専門にしているとは全く想像もしていませんでした。
決まったところで、努力、研鑽し、一生懸命すれば、先の道がおのずから、開けてくると思います。
だから、あまり悩まず、次に世界に踏み込んで行けばいいと思います。

弁護士法人ALG&Associates
  • 事業内容

    全国に10拠点を構える弁護士事務所。理念は、個人と企業のために、高品質のリーガル・サービスを提供して顧客感動を実現し、もって個人の生活の向上及び企業の発展に貢献すること。

  • 本社

    東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー

  • 連絡先

    採用事務担当
    03-6258-0960
    recruit@avance-lg.com