就活OBOG取材

大学院 工学研究科

リオン株式会社

日本で初めて補聴器を発売した、東証一部上場の医療機器・計測機器メーカー。
70年以上業界を牽引する企業で、医療機器のスペシャリストを目指し日々奮闘。

技術・研究

2016年 千葉大学 人工システム科学専攻修了
医用検査機器技術課

濱田 知幸

大学時代に力を注いだこと

学生時代に行っていた研究で、開発中の新製品の通信データを整理するソフトを自作したことがありました。その時に培ったプログラミングスキルは今の仕事でも役立っています。勉強以外では、卓球部に所属していました。他の部員や他大学の選手、小中学生、社会人など多くの方々と関わった経験は、仕事でのコミュニケーションで活きていると感じています。

会社の特徴・雰囲気

当社は、日本で初めて補聴器を発売し、70年以上も業界を牽引してきた医療機器・計測機器メーカーです。聴力検査機や音響・振動計測機器など、確かな技術力から生まれる様々な製品は、どれも国内トップクラスのシェアを誇っています。東証一部上場の安定した財政基盤のもと、新製品の研究開発に取り組んでいます。また、職場環境の面では、社員同士のつながりが強く、働きやすいと感じています。例えば、入社1年目であっても先輩が意見をしっかり聞いてくれます。

仕事内容、やりがい

私は、聴力検査機など主に耳鼻科で使用される医療機器を担当しています。機能追加のためのソフトウェア変更や、製品に使用されている部品が廃盤となった際に代用品を選定し、互換性があるかどうかを確認する作業など、様々な面から製品の品質を支えています。入社1年目の時に私の提案によって開発がスムーズに進んだことがありました。その対応は先輩や上司から高く評価され、その後の業務の励みとなっています。

新型コロナへの対応

現在、週の約半分は在宅勤務をしています。出社した日に医療機器本体や測定器を使用する作業など、出社しなければできないことを中心に行い、在宅勤務の日に測定データのまとめや資料の作成など、パソコンだけでできる作業を行うようにしています。メールだけでのやりとりやWeb会議が増えて慣れるのが大変ですが、少しづつ頑張りたいと思っています。

後輩へのメッセージ

就活のアドバイスとしては、私の座右の銘である「先手必勝」という言葉を送りたいと思います。就活では分からないことが多いのは当たり前です。しかし、分からないからといって、何もしないのはもったいないです。失敗したとしても行動した方が経験を次に活かすことができるので、先手を取って行動することが大切だと思います。皆さんもぜひ先手必勝で就職活動に臨んでください!

リオン株式会社
  • 事業内容

    医療機器事業(補聴器、医用検査機器)、環境機器事業(音響・振動計測器)、微粒子計測器事業(微粒子計測器)の製造、販売及びこれらに関する部品、機器等の製造、販売、サービス。

  • 本社

    東京都国分寺市東元町3-20-41

  • お気軽にお問い合わせください

    問い合わせ先  人事・総務部 人事課
    042-359-7853