就活OBOG取材

大学院 自然科学技術研究科

揖斐川工業株式会社

創業70年超!国内トップクラスの実績を持つ多業種複合型グループ企業。
省力生産技術と環境制御技術を柱に農業の発展に力を注ぐ。

技術・研究

2020年 岐阜大学 生物生産環境科学専攻修了
アグリシステム部

舘林 将

大学時代に力を注いだこと

大学時代に力を入れていたことは、学業と部活動の両立です。学業では研究テーマについての取り組み、また部活動については、高校まで行っていたボート競技を大学でも継続しました。大学入学当初はボート部はなく、立ち上げから行い、地方大会での優勝などの成績を残しました。その結果、卒業時には30名ほどの部員が所属する部活となりました。私が卒業してからも活動を継続しています。

会社の特徴・雰囲気

当社は、揖斐川の砂利採取事業を出発点に、骨材生産、環境に配慮したコンクリート製品の研究・開発、種苗・野菜生産システムなどを提供しています。中でも骨材の供給量は全国トップクラスです。グループ企業と連携して運送や不動産、ホテル運営なども手がけ、多方面で社会に貢献する地域密着型の企業です。社内の雰囲気は明るく、社員同士の仲もよいので、気持ちよく働けています。新入社員研修はもちろん、フォローアップ研修やOJT研修なども整備し、安心して働ける環境です。

仕事内容、やりがい

私が所属するアグリシステム部では、ポットやトレイの据え付けから出荷までをロボットで行う「ムービングベンチシステム」をはじめ、これからの農業に必要な高効率・高収量につながる製品を手掛けています。今は、製図や現場での監督作業など、様々な仕事を先輩から学んでいるところで、現場監督では、どうすれば職人さんが動きやすいか、スムーズに現場が進むかを意識しています。

新型コロナへの対応

営業担当者や現場施工担当者など、社外に出ることが多い人向けにスマートフォン及びモバイルPCの貸与や、WEB会議システムの導入を行っているため、社内だけではなく、出張先等の外からでも仕事ができるような環境が整っております。

後輩へのメッセージ

当社は岐阜大学と共同研究をしており、自分の専攻分野と同じであったため、興味を持ちました。さらに、地元に貢献でき、地域に根付いた経営を行う点も入社の決め手です。就職活動では、考えもしなかった分野が自分に合っていたり、思いがけないところで自分の知識が生かされることもあるので、様々な分野を見ることが大切だと思います。

揖斐川工業株式会社
  • 事業内容

    砂利、砂の製造・販売、コンクリート二次製品の製造・販売、農業用資材の製造・販売、植物工場の設計・施工、土木建築工事の請負

  • 本社

    岐阜県大垣市万石2丁目31番地

  • お気軽にお問い合わせください

    問い合わせ先  総務部 採用担当 河合
    0584-81-6172
    takaaki@ibiko.co.jp