就活OBOG取材

工学部

株式会社丸順

Honda車のボディ部品を中心にものづくりを行う、自動車部品メーカー。
新技術開発のマネジメントを行い、「できない」を「できる」に変える!

技術・研究

2000年 岐阜大学 機械システム工学科卒業
企画管理本部 事業開発部 新技術開発課

今井 裕

大学時代に力を注いだこと

大学では、機械システム工学科に所属していたということもあり、当時から大好きだった自動車に関係する「材料力学」「電気工学」「熱力学」などを中心に学んでいました。ここでの知識が今の業務において「成型解析」であったり、「設備設計」などに役立っていると感じています(もう少し本気でやってればと思うことも…)。プライベートではPCを自作したり、車を自分で整備したり、とにかく「モノ」に触れてましたね。

会社の特徴・雰囲気

「自動車ボディ部品の製造」という中々特色を出すのが難しい業界ではありますが、その中でも非常に高い強度を持つ「スーパーハイテン」と呼ばれる材料を「冷間で」プレス成型する技術に関しては、他社を一歩先行しています。その中で生まれたのが、世界で初めて1.2GPa級ハイテン材を準外板に採用された、ホンダ社様向けBODY部品です。社風は上司部下での話もしやすく、良好な人間関係が築きやすい雰囲気です。

仕事内容、やりがい

新技術開発のマネジメントが主な業務です。「新技術」というと非常に幅広く、ボディ部品の場合、技術領域は多岐にわたります。ある時「提案にはこの解析データが必要」という案件がありましたが、その解析データは社内実績がないもので、一旦は断ることも検討しました。しかし、これを期限内に自分達のものにし、客先提案に繋げることができました。このように「できない」を「できる」に変えられた瞬間は、達成感を感じますね。

新型コロナへの対応

製造業の技術開発ということで、あくまで現物での確認が重要なため、出社が必要な場面もあります。しかし、「解析用のCADモデル作成」や「資料の取りまとめ」といった、在宅でもできる業務をまとめるなどの工夫をして、テレワークを実施しています。客先やメーカーとの打ち合わせも、極力Webミーティングを活用しています。また、この状況でより業務を効率化、変革できるようなソリューションもリサーチしています。

後輩へのメッセージ

就職後の環境で「やりたい仕事かどうか」も重要なことですが、私は「人間関係」が一番だと感じています。企業訪問の機会をもつことや、OB・OGや地元企業であれば近所で希望の会社に就職されている方の話などをできる限り聞くことをお勧めします。また、例えば当社のような「自動車部品製造」を行っている会社でも部署によって全く業務内容が異なりますので、「どんな仕事をしたいのか?」を明確にしてPRするといいですね。

株式会社丸順
  • 事業内容

    自動車用車体プレス部品の製造・自動車用精密プレス部品の製造・各種金型の設計・製作

  • 本社

    岐阜県大垣市上石津町乙坂130-1

  • お気軽にお問い合わせください

    問い合わせ先  総務人事課
    0584-46-3191
    saiyo@maruju.co.jp