就活OBOG取材

工学部

鍋屋バイテック株式会社

創業は戦国時代!岐阜の歴史あるメーカーで
会社の新しいチャレンジを支える「仕組みづくり」を担う。

事務・管理

2002年 岐阜大学 機械システム工学科卒業
統括部 部長代理

安井 浩二

大学時代に力を注いだこと

大学時代は、冬の繰舟橋を原付で走る辛さから解放されるために、車の購入費用を貯めたいと思い、学業よりもアルバイトに精を出していました。ラーメン屋のアルバイトで、今思えば材料費の原価や人件費を考えている店長を見て、もっと色々なことを学べたのでしょうが、当時はいかにおいしいブレンドだれを調合するかしか考えていませんでした(笑)

会社の特徴・雰囲気

岐阜を拠点に置く中小規模のメーカーですが、社内では製造だけでなくマーケティングから営業戦略、時代のニーズを予想した商品開発に海外仕入れ、ロジスティクスの効率化やIoTにDXへの取り組みなど、さまざまな活躍の場が用意されています。当社は、商品の魅力だけで売り上げるのではなく、お客さまを自ら見つけ、効率の良い生産を考えて、無駄のない物流を組み合わせることで顧客満足の向上を図っています。

仕事内容、やりがい

社内における「仕組みづくり」が私の仕事の一つです。物事の考え方をフォーマット化し、社員が効率的に仕事を進められるようにしています。この「仕組みづくり」に長年携わってきたことから、新任部門長や新組織立上げ時に、どのように部門を作り上げていけば良いかをアドバイスすることがあります。その際に、新任部門長から「今まで仕事でやっていたことの本当の理由が分かった」と言ってもらえたときは嬉しかったですね。

新型コロナへの対応

私自身、もともと複数の事業所を行き来して働くノマドワーカーということもあり、在宅ワークは以前から取り組んでいました。現在、この度の新型コロナウイルスへの対応として、共働き世代や介護世代の働き方をサポートできる体制作りを検討しています。

後輩へのメッセージ

私の就活時代は、自己分析やキャリアプランといった考えは存在していませんでした。「いいなぁ、この会社」という直観を大切にしていました。それが正しいとは言い切れませんが、そんな出会いも悪くないと思います。ただ、良い出会いの確率を高めるためには、色々な会社に出会う必要があります。ほんの少しでも気になるなら是非会いに行ってください。運命の出会いが待っているかもしれませんよ。

鍋屋バイテック株式会社
  • 事業内容

    伝動・制御・位置決め・ハンドリングのための機械要素部品の開発・製造・販売

  • 本社

    岐阜県関市桃紅大地1番地

  • お気軽にお問い合わせください

    問い合わせ先  統括部 総務チーム 石橋
    0575-23-7197
    general_affairs_team@nbk1560.com