就活OBOG取材

大学院 工学研究科

テラル株式会社

創業103年。“水”と“空気”の流れを操る技術のパイオニア。
人々のライフラインを支えるポンプやファンを製造・販売。

技術・研究

2017年 広島大学 化学工学専攻修了
技術本部 設計部 設計2課

中渡瀬 広貴

大学時代に力を注いだこと

大学では物質やエネルギー収支からプロセスの設計を行う内容を学び、研究室では淡水化用の逆浸透膜の研究に励んでいました。また、サークルやバイトなどの学外活動で同年代以外の方との人付き合いを学んだり、イベントなどの運営に取り組んだ経験は実社会でも役に立っています。

会社の特徴・雰囲気

当社の製品は私たちの生活に密接に関わっています。例えば、上水道の送水ポンプやドーム球場のファン、建物の空調設備用ポンプなど、水と空気のあるところ、そのすべてがテラルのフィールドです。仕事で必要な知識・技術は入社後の研修でレベルアップが図れます。早い段階から仕事を任されますが、先輩のサポートもあり、やりがいを感じています。『水と空気の流れを操る』企業から『水と空気を創造する』企業へ進化の途中です。

仕事内容、やりがい

私は、ポンプ本体とそれを制御する電子機器が一緒になった給水ユニット品のカスタマイズ設計を担当しています。お客様の要望に合わせ、その都度、構成部品や形状を検討・設計するのが私の役目です。当社は環境機器メーカーということもあり、種別を問わずさまざまな企業や団体と関わりがあります。最近では大学と共同開発を進めるなど、最新技術の研究にも意欲的な点にやりがいを感じます。

新型コロナへの対応

状況に応じて、在宅勤務、時差出勤等対応するとともに、体温チェックや会食、出張の制限を設けられています。社内でも密になることを防止するために、会議室を執務室にするなどの対応もしました。現在、各執務室は、個々に飛沫防止パネルで仕切られています。独自な対応として、マスク入手困難時にマスクの配付、全社員の抗原検査、インフルエンザ予防接種等も行われました。

後輩へのメッセージ

学生時代、私は実験でよく使う「ポンプ」を身近に感じていました。そんな中、大学主催の企業説明会でポンプを扱う当社と出会い、話を聞くうちに「ここなら自分が大学で学んだことを活かせるのではないか」と思い、志望度が一気に高まりました。世の中にはたくさんの企業があり、出会いのきっかけは様々です。なるべく視野を広く持ち、たくさんの企業と接することをおすすめします。

テラル株式会社
  • 事業内容

    ポンプ、送風機、給水装置、ろ過装置、生ごみ処理システム、全熱交換器、防災機器、環境関連機器、その他関連機器の製造・販売・メンテナンス、および環境関連設備工事

  • 本社

    広島県福山市御幸町森脇230

  • お気軽にお問い合わせください

    問い合わせ先  総務部 人事課
    084-955-1111(代)
    nakahara01@teral.co.jp