就活OBOG取材

生活科学部

大阪市役所

「大阪を、ともに創ろう。」
市民サービスの拡充と大阪の改革と成長を基軸に市民の暮らしに直結する仕事。

事務・管理

2015年 大阪市立大学 人間福祉学科卒業
行政委員会事務局任用調査課 係員
事務行政

木下 夢加

大学時代に力を注いだこと

大学時代は、児童養護施設でのボランティアに力を注いでいました。ボランティアは学部の先生の紹介で始めたのですが、週に一度、児童養護施設に訪問し、入所しているお子さんの学校の宿題や学習教材などを一緒にしながら、わからないところを教えるというものでした。最終日には、担当していたお子さんから感謝のお手紙とお花をもらい、とても感動したことを覚えています。

会社の特徴・雰囲気

大阪市では、配属される部署によって業務内容も大幅に異なります。例えば、区役所では窓口業務など市民の方と直接関わる仕事が多いですが、局では大阪市全体の事業に関する業務など大規模な仕事が多いです。雰囲気も職場によって異なりますが、私の職場は仕事の悩みを相談しやすく、また自分の意見も言いやすくとても良い雰囲気です。

仕事内容、やりがい

私は採用後1年目~5年目までは区役所に配属され、区の魅力を発信したり、成人式や保育の担当などをしていました。そして、6年目の今は任用調査課に異動となり、採用試験に関する事務の担当をしています。今までさまざまな業務を経験しましたが、どのような形であっても大阪市民の方、大阪市のための仕事ができるところが魅力だと思います。

新型コロナへの対応

新型コロナの影響を受けて、令和2年5月に実施予定だった採用試験が1か月延期になりました。感染防止対策のため、試験室の収容率を50%以下にしたり、椅子や机の消毒、換気を行うなど、その後の試験においても例年とは異なる対応に追われました。今後の試験も、受験者の皆さんに安心して受験いただけるように対策を行います。

後輩へのメッセージ

私は大学時代、ボランティアやアルバイトも含めて大阪市で過ごしていくなかで、「大阪市で働きたい」と考えるようになりました。皆さんも将来どこでどのような仕事がしたいか考えている最中だと思います。後悔のないようさまざまな自治体、会社に触れてください。そして、その中に大阪市を加えていただけると嬉しいです。皆さんと一緒に大阪市で働ける日を楽しみにしています。

大阪市役所
  • 事業内容

    大阪市役所は、基礎自治体として270万市民と向き合い、市民の暮らしに直結する仕事が基本です。「市民サービスの拡充」と「大阪の改革と成長」を基軸に「豊かな大阪」をめざします。

  • 本社

    大阪市北区中之島1-3-20

  • お気軽にお問い合わせください

    問い合わせ先  大阪市人事委員会(行政委員会事務局任用調査部任用調査課)
    06-6208-8545