就活OBOG取材

工学部

コーデンシ株式会社

創業から半世紀、高度な半導体加工技術を駆使してIoT社会を支える企業。
生産工場の責任者として人々の暮らしに貢献できることがやりがい。

技術・研究

1997年 大阪市立大学 応用物理学科卒業
半導体開発事業 General Manager

島田 佳玄

大学時代に力を注いだこと

大学時代は授業や研究、部活の合気道に力を注ぐとともに、部活メンバーを中心とした交遊を楽しみました。指導教官の先生の「原理原則から考えなさい」という言葉は頭に深く刻まれており、今でも私の大切な行動規範となっています。また、学生時代の友人との交流は現在も続いています。顔を合わせると当時のことを振り返りながら様々な業種・立場の話をするなど、良い情報交換の場となっています。

会社の特徴・雰囲気

当社は様々な半導体加工技術を応用し、幅広い業界に向けた光センサの開発を行っています。特に回転量や加速度、回転方向などを検出する“エンコーダー”と呼ばれる製品は、プリンターやロボットなど多くの製品に使用されています。創業以来磨き続けた技術力は、業界最薄の「光学式エンコーダ」などの特徴的な製品を生み出しています。組織の垣根が低く、みんなフレンドリーですので、様々な部署の人たちと協力して仕事ができるということも特徴のひとつです。

仕事内容、やりがい

私は半導体チップ生産工場の責任者をしています。製品の供給を通じて、お客様や関係部署の期待に応えることが何よりのやりがいです。コロナ禍では、工場の操業停止が原因で、生産に必要となるセンサの調達に困っておられるお客様から緊急増産の要請があり、工場全体で力を合わせて期待に応えた結果、感謝状をいただくことができました。関わったみんなと、大きな喜びと達成感を共有できたことはエモーショナルな経験でした。

新型コロナへの対応

当社では会議や打ち合わせは自席、または在宅でのオンラインを中心に行っています。可能な限り在宅勤務を行っていますが、工場のように在宅勤務が難しい職場では、マスク着用・体調管理の徹底、室内の換気、席の間隔を2m以上開けるなどの対策を行い、感染予防を行っています。また、オンラインでも工場内や現場の状況を確認し、業務を継続できるようスマートグラスを導入しています。

後輩へのメッセージ

会社とそこで働く人の関係は、一方的なものではなく、双方向に与え合うものです。就職活動においても、遠慮なく会社に求めたいことを伝え、疑問に思うことは聞き、不安なことは相談してください。皆さんの新しい視点で私たちも新たな成長ができることを期待しています。皆さんには大きな可能性があります。不安なことも多く大変だと思いますが、頑張ってください。

コーデンシ株式会社
  • 事業内容

    京都を拠点に創業から半世紀を迎える、光半導体・光センサの専業メーカーです。
    非接触で物体を検知するセンシング技術で、幅広い業界の要望に応えています。

  • 本社

    京都府宇治市槙島町十一の161

  • お気軽にお問い合わせください

    問い合わせ先  総務部 人事
    0120-23-7172
    saiyo@kodenshi.co.jp