就活OBOG取材

大学院 工学研究科

株式会社技研製作所

「圧入技術」をベースにした無公害建設工事を世界40以上の国と地域で実現。
世界の建設課題を解決に導く新工法の開発に挑戦する日々。

技術・研究

2020年 大阪市立大学 機械物理系専攻修了
新工法開発部 科学課

戸田 行紀

大学時代に力を注いだこと

大学では、研究活動に注力しました。私は元々、物理学を専攻していましたが「もっと社会に近い勉強や研究をしたい!」と思い、大学院への進学を機に、工学研究科へ転籍しました。大学院では亀裂現象を対象にした数値シミュレーションを行い、プログラミングなどにも取り組みました。その中で身に付けた知識や研究に取り組む姿勢は、現在の仕事をスムーズに進めていく上で非常に役に立っています。

会社の特徴・雰囲気

当社は「圧入」をベースとした無公害建設工事を世界40以上の国と地域で推進するリーディングカンパニーです。特に油圧式杭圧入引抜機においては、グローバル市場で9割を優に超えるシェアを持ち、多くの新工法を実現、普及することで、世界の建設課題を解決に導いています。また自流独創の開発型企業である当社は、常にチャレンジをし、変化を恐れない社員ばかりです。こうした風土や環境も、技研の大きな魅力の一つです。

仕事内容、やりがい

圧入技術に基づいた新たな機械・工法を開発する際に必要となる科学的データの収集や解析、実験を行う新工法開発部科学課に所属しています。研究開発業務は、これまでになかったのものを生み出していかなければならないというプレッシャーもありますが、その分大きな達成感があります。1994年からは英国ケンブリッジ大学との共同研究も行われており、言語や文化を超えた連携で、新たな技術を切り拓いている実感があります。

新型コロナへの対応

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を機により賢い働き方を目指すべく、5つのレス(ペーパーレス、通勤レス、出張レス、オフィスレス、社宅(転勤)レス)を推進しています。テレワークなども積極的に導入し、それに伴い在宅勤務手当も新設しました。ウィズコロナ・アフターコロナを問わず、働きやすさと生産性の向上につながるよう、時代の動きに合わせて対応しています。

後輩へのメッセージ

「自分は何をやりたいか」「どう成長していきたいか」「社会に何をもたらしていきたいか」という視点を大事に会社選びをしてください。就職はそれを成し遂げるための手段であり、目的ではありません。良い機会ですので、しっかりと自分と向き合い、多くの会社に触れてください。必ずあなたに合った会社が見つかるはずです。最後まであきらめず、ぜひ就職活動を楽しんでください。

株式会社技研製作所
  • 事業内容

    ■無公害工法・産業機械の研究開発、製造販売、レンタル事業
    ■土木建築その他建設工事全般に関する業務ならびにコンサルタント業務
    ■土木施工技技術・工法の研究開発
    ■上記に関する海外事業

  • 本社

    高知県高知市布師田

  • お気軽にお問い合わせください

    問い合わせ先  総務部人事課 岡 麗寿
    088-846-2933
    jinji.saiyo@giken.com