業界研究・エントリー編

自分に合った業種や企業はどうすれば見つかるのでしょうか?

株式会社第一システムエンジニアリング 企画管理室

最も興味がある、得意なものは何か、将来どんな仕事をしたいか考えてみましょう。

自分が最も興味を持っているものは何か、得意なものは何か、将来どんな仕事をしたいかを自己分析しましょう。多くの企業の中で、少しでも興味を持った企業の会社説明会に参加し、実際に働いている人から話を聞くことで、具体的なイメージが持てると思います。自分のやりたい仕事がそこにあるか、将来も無理なく働き続けられる会社か、質問に対して回答はわかりやすく丁寧であったかなども判断材料にしてみてください。

西部電気建設株式会社 総務部

努力する事で自分の道が見えてくる!!

まず、「自分が本当にやりたいこと、やりたい仕事」を早く見つける努力をしましょう。何の目標もなく、なんとなく入社した人は、どこの企業でもやっていけません。その企業がどんな事業をしているのかを就職サイトや大学のセミナーを活用し、良く調べ、会社説明会で求めていることをきちんと理解してください。多くの説明会に参加する事によって、自ずと自分が何に興味があるのかが見つかるでしょう。目的をはっきりさせ、信念を持って取り組む事が必要です。

日本スピンドル製造株式会社 総務部 総務グループ

自己分析と企業研究の双方から、自分が納得するまで行うことが大事です

自己分析と企業研究をしっかり行い、本当に自分がしたいこと、自分に合う仕事を見つけることです。言葉では簡単ですが、就職活動を早く終わらせようと、この作業をおろそかにすると入社後にミスマッチを起こすことになります。自己分析は、自身の幼少期まで戻って、自分が何をしているときに生き生きしているか、集団のなかでどんな役割を担ってきたかなど、あらためて自分なりに理解しておく必要があります。そのために、ご家族の意見を聞くことも重要です。企業研究は、自分の知っている業界では無く、自分の知らない業界の話をたくさん聞くようにしましょう。一般的には知名度は低くても、社会で重要な役割をしている企業がたくさんあります。

フクシマガリレイ株式会社 人事部

自分の事を知ることから始めよう!

自分に合った業種や企業を見つけるためには、まず、自分自身を知る必要があります。自分が、どういう事に喜びを感じたり、どういう時にやる気が出るのか。そのような場面が多ければ、仕事が充実したものになります。
イメージや先入観にとらわれず、多くの会社の説明を聞きましょう。

株式会社なんつね 総務グループ

まずは足を運ぶ!1社から他の企業にも次々と視野が広がります。

まずは、気になる企業をいくつか訪問してみましょう。会社説明会やインターンシップ、OBOG訪問や、採用担当に連絡をして話を聞くなど、方法はたくさんあります。そこで出来る限り多くの質問をして、理解と視野を広めましょう。すると、同じ業界の企業や、同じ職種がある企業など、知識の幅が広がると思います。そこから、「社風」「理念」「仕事内容」など、自分がピンとくる点がより多い会社を見つけていってください。 

東京システムハウス株式会社 総務部

興味があるものから企業選びの軸を考えてみましょう。

自分が興味を持っているものは何か、将来どんな仕事をしてみたいかなどを考えてみましょう。それでもイメージがわかない場合は、自分の能力を活かせる仕事は何かを考えてみると探しやすくなるかもしれません。多くの企業がある中で自分に合ったところを見つけるのは大変ですが、少しでも興味を持った企業の説明会に参加し、実際に職場の雰囲気や社員の人達に触れることで自分に合っているかを確かめることも大事です。

株式会社DTS 

自己を見つめ、広い視野を持って業種・企業を探してみましょう!

自分が何をしている時が一番楽しいか、またはどんな事にやりがいを感じられるのか、自己理解・分析を行ってみましょう。時間を忘れて夢中になれる、そんな仕事に出会えたら最高ですよね。同時に、世の中にどんな業種・企業があるのか、そしてその構造を広い視野で見てみることをお勧めします。今だからこそできる、また今でないとやれないことですから、しっかり時間をかけ、自分自身で行うことが大切です。

株式会社JSベストマッチング 編集部

自分の関心のあることから考えてみましょう。

まず、自分の好きなことや関心のあることから考えてみましょう。また、関心のある職業に実際に就いている人から話を聞くことで、自分の価値観や志向に合った業種や職種を発見する手がかりを得られるでしょう。その結果、興味を持った企業があれば、ホームページをチェックし、会社説明会に参加してみましょう。また、疑問に思うことがあれば、直接採用担当者に問い合わせてみましょう。