業界研究・エントリー編

どこに注目して企業研究すれば良いのでしょうか?

フクシマガリレイ株式会社 人事部

働き続けられる基準を明確にしよう。

企業選びの基準は人それぞれです。でもせっかく選んだ会社が倒産したり、吸収されたりしては意味がないです。その事業が社会に役立ち、必要とされる事業であること。5年後、10年後を考えたときに継続できる事業であることが重要です。安定性や成長性など働き続けられる基準を明確にしましょう。

株式会社興和工業所 総務部 人事課

自分の会社選びの軸と照らし合わせることと、表に出ていない情報をリサーチ

企業研究は何のためにするかと言えば、その企業で働きたいか、働き続けていけるかを知るためです。なので、まず自分の軸を持つことが大切です。企業研究をする中で、新たな職業観や人生観に触れ、自分の軸を追加したり修正して、整理しながら進めてください。それから、ホームページや就活サイトなど、企業が公開している情報も必要ですが、先輩社員に聞く生の声や、その場で感じた印象も大切にしてください。

東海電子株式会社 人財開発グループ

自ら行動することで企業研究が大きく変わる!

企業研究をする上で大事なことは、「自分が何をしたいのか?」「どんな仕事をしたいのか?」を具体的に考えることです。考えた後、興味のある企業の情報や企業の強みなど調べ、同業他社を比較してみましょう。また、自ら会社説明会に足を運ぶことで先輩社員と直接話ができ、自分の関心がある事以外にも新たな発見や気づきを得ることができます。行動をすることで自分が働いている姿が自然と想像できるようになると思います。

ホシデン株式会社 人事部

企業選びの軸をしっかりと定めて、自分の将来像と照らし合わせてみよう!

企業選びには、事業内容や企業理念、福利厚生や研修制度、これまで学んだ事を仕事に活かせるかどうか、などの様々な比較項目があります。まずは、自分の中でそれらの項目に優先順位をつけてみましょう。自ずと企業選びの軸が定まるはずです。優先度の高い項目を多く満たす企業は、働き続けられる企業であり、自分の将来像をしっかりとイメージできる企業ではないでしょうか。

大和製衡株式会社 

まずは自己分析。それから企業研究。

まずは自己分析をして、自分の性格や価値観、行動パターンなどの特徴を理解した上で、あなたが企業に求めるポイントを明確にしましょう。
「企業理念」「事業内容」「給料」「勤務地」「規模」「社風」等、さまざまな項目の中で、優先順位の高い項目に注目して企業研究してはいかがでしょうか?

株式会社JSベストマッチング 編集部

基準は人によってさまざま。
自分の理想を明確にし、それを満たせそうかという観点で研究しましょう。

企業選びの基準は人によってさまざまです。例えば、「グローバルにバリバリ活躍したい」という人と「仕事とプライベートを両立したい」という人では、重視するポイントはもちろん違ってきます。「このような仕事がしたい」「このように働きたい」という理想を明確にし、事業内容、従業員数、経営理念、研修制度、福利厚生、勤務地、給与など数多くある項目に優先順位をつけて見ていきましょう。