業界研究・エントリー編

残業が多いと言われるような業界や職種は、
志望しない方が良いのでしょうか?

三菱電機コントロールソフトウェア株式会社 

可能な限り情報を収集した上で判断しましょう!

残業が多いと言われる業界や職種があるのは事実です。しかし、その業界にはたくさんの企業があり、会社が違えば働き方も制度もさまざまです。会社説明会やOB・OGとの接点等を活用し可能な限り情報(事実)を集めて判断したほうが、それだけチャンスは広がります。さまざまな企業と出会い、その1社1社の企業との“縁”を大切にして、みなさんが“ここだ!”と思える企業と結ばれることを願っています。

阪神高速技研株式会社 企画部企画課

ワークライフバランスを充実させられる環境にあるか。

ワークライフバランスの充実は大切なことですので、基本的には残業は少ない方がよいと思っています。ただ、残業は多いけど比較的休暇も取りやすく、何よりも希望している業界や、やりがいがありそうな仕事なら志望した方が良いのではないでしょうか。

電子・電気機器商社 採用ご担当者

業界イメージで決めず、各企業の取組み・姿勢を見てください。

残業が多いと言われる業界でも残業時間に対する取組みは、各企業異なります。残業削減・働きやすい環境をつくるために、フレックス導入や定時退社日を設ける等、改善姿勢のある企業もあれば、取組みを行っていない企業もあります。業界・職種のイメージだけで志望の有無を決めるのではなく、一度、各企業の取組み・姿勢を企業に聞いてから判断をしてください。

日本システム開発株式会社 総務部

どのようなライフスタイルを選択したいのか考えてみてください。

皆さんはこれからの人生の多くの時間を会社で過ごすことになります。どのような仕事をしたいか、自分の仕事にやりがいを持ちたいか、人に頼りにされたいか等考えてみてください。
その会社を選ぶ基準はそれぞれあると思いますが、ただ残業時間が長いというだけで敬遠する、あるいは残業が少ないから選ぶというのはもったいないと思います。やりがいを感じられない仕事や、考え方の合わない仲間と過ごす時間はたとえ毎日残業がないとしてもどうでしょうか。

株式会社テイコク 

自分が求めることを今一度よく考え、企業研究をしてみましょう。

自分が会社や仕事に何を求めるのかもう一度よく考え、納得した上で志望を決定しましょう。また、残業が多いといわれる業界でも、企業によって実情は異なる場合もありますので、そのような情報に惑わされることなく自分で確かめることが大切です。ちなみに当社も残業が多いと敬遠される業界(建設コンサルタント)ですが、フレックスタイム制を導入し、個々の事情に応じた働き方を推進しています。

株式会社JSベストマッチング 編集部

残業はどんな業界・職種でもあるものです。
夢や将来を見据えて考えましょう。

残業が多い業界や職種もありますが、多かれ少なかれどんな企業でも残業はあると思った方が良いでしょう。
気になる場合は、OB・OG訪問などで質問をするのも良いでしょう。ただし仕事への意欲を疑われるような言い回しは避け、「日常的な勤務のスケジュールを教えてください」などという聞き方にしましょう。残業が多くても、やり甲斐のある仕事は多くあります。「残業」という言葉にとらわれず、自分の夢や将来を見据えて考えてみてください。