業界研究・エントリー編

できるだけ多くの企業にエントリーをした方が良いのでしょうか?
ある程度企業を絞って就職活動をするべきでしょうか?

株式会社NTTデータ関西 人事総務部

数ではありません。

むやみやたらにエントリーをすることは、方向性を見失ってしまうだけで無駄だと思っていいと思います。それよりも自分自身の就職活動に対する軸をしっかりと持ってそこに合う企業であればエントリーをするべきです。結論、数ではないということです。

大同興業株式会社 

就活は一度きり。早い時期なら多数エントリーもアリ。

まだ業界や職種を定めていない時は、色々な企業を見て方向性を決めるのもアリだと思います。色々な業界を見て回ることは就職活動の時にしかできないので、様々な業界を見て自分のやりたいことを探しましょう。ただし、ある程度就職活動をして、焦って手当たり次第エントリーするのはオススメしません。あまり行く気のない企業の選考に参加するより、その時間で志望企業の面接対策を行う方が有意義と言えるでしょう。

株式会社エフピコ 人事部

重要なのは企業数ではなく、企業選びの軸が定まっているかどうかです。

時期によって動き方を変えるとよいでしょう。最初から絞り込むと、自分にとって良い企業と出会える可能性を狭めてしまうことに。様々な業界・企業を知り、幅広く興味を持つことで視野を広げることは大切です。とはいえ、エントリーした企業すべてを訪問することは難しいです。自己分析を行い、企業選びの軸を定めることで、自分に合った業界・企業を発見できます。その上で企業研究を深め、志望意欲を高めて選考へ臨みましょう!

共和レザー株式会社 

様々な業界・企業を知って、選考に進む企業を絞り込もう!

興味をもった企業にはエントリーをして積極的に企業の情報を得ましょう。企業によってはエントリーしている人へ優先的に情報を発信している場合もあります。試験を受ける時期になったらある程度絞って「この会社に入社したい」と意思を持って選考に臨みましょう。

株式会社興和工業所 総務部 人事課

闇雲なエントリーはオススメしませんが、
絞り込むためにも多くの企業の情報が必要です。

企業もしくは担当者と一度も会わずに絞り込むことは、就活を難しくするリスクがあります。もし絞り込んで数社の説明会だけを受けたものの、印象が良くない企業があった場合、後から企業を探すことになり後手になってしまいます。企業選びの軸を炙り出すためにも、序盤は合説などを活用して積極的に情報を取りましょう。絞り込みはそれからです。くれぐれもエントリーしただけで終わらないようにしましょう。

中本パックス株式会社 管理本部 総務部

志望業界や就活軸を明確にするためにも多くの企業を見てください!

多くの就活生が社会、企業を想像するときに比較対象となるのは学生時代のアルバイト経験です。しかし、アルバイトと社会人では見える範囲も大きく異なります。説明会などを通じて、社会人から実際の経験に基づいた情報を入手することが重要です。また、同じ業界、同じ職種でも企業により運営方針など様々な違いがあります。多くの企業と接点を持ち、積極的に情報収集して自分に合った企業を探し出してください。

大日グループ(大日通信工業株式会社・大日電子株式会社)総務部 人事課

絞りすぎるのは時期尚早。積極的にエントリーを!

視野を拡げたり、隠れた優良企業を見つけたりするためにも活動量は多くしたほうが良いでしょう。興味のある企業には積極的にエントリーして、企業説明会に足を運んでみてください。多くの企業を見ることで、自分に合った企業に出会える可能性がグッと上がると思います。その中で、「本当に入社したい」と思う企業を絞って選考に進みましょう。

パナソニック サイクルテック株式会社 人事総務部 人事課

様々な業界・企業を知ることで、自分の価値観や企業選びの軸がより明確になります。

限られた時間の中で効率的に就職活動を進めるためには、やみくもにエントリーすることはオススメしません。しかし、少しでも興味のある業界・企業があれば、時間の許す限り情報収集すべきだと思います。それにより、自分自身の価値観や企業選びにおける優先事項が明確になり、より納得感のある就職に繋がります。様々な業界・企業に目を通せるのは就活生の特権です。積極的にアクションし、充実した就職活動にしてください。

株式会社エンチョー 人事部

エントリーは数の問題ではないです。

ただ、様々な分野の数多くの企業が採用活動を行っています。「この業界・この企業がいい!」をある程度考えていたとしても、少し興味のある業界・企業には、積極的にエントリーしてみるといいかなと思います。様々な企業の様々な人と会うことで、新しい発見や、ご自身の成長があるはずです。そして、情報収集、説明会・選考参加の過程で企業が絞れてくるのではないでしょうか。

株式会社JSベストマッチング 編集部

就活初期は多くの企業にエントリーすることをお勧めします。

やりたい仕事や働きたい企業の条件などがあまり定まっていないうちは、多くの企業にエントリーすることをお勧めします。様々な業界や企業を知ることで、やりたいと思える仕事や働きたい企業が見えてくるからです。企業を絞るのは、その後からでも遅くはありません。