会社説明会編

会社説明会は、早い日程に参加した方が好印象でしょうか?

株式会社コベルコ科研 総務部人事グループ

企業研究のためにも、早い日程の会社説明会に参加しましょう。

参加日程によって印象の違いはありませんが、やはり、早い日程に参加する学生は、その企業への志望度・関心度が高いと受け取ってもらえる可能性が高いと思われます。何よりも、企業研究に時間をかけることができるので、できるだけ早い日程の説明会に参加することをお勧めします。

株式会社テイコク 

どの日程に参加して頂いても変わりません。

参加日程によって選考の優劣をつけることはありませんので、都合のよい日程に参加していただいて問題ありません。ただし、企業によっては説明会開催期間を逃すと選考に参加できなくなる場合もありますので、志望する企業の最新情報はしっかり確認しておくようにしてください。

野村建設工業株式会社 総務部

好印象になるかもしれませんが…

確かに早い日程に参加するということは、学生がその企業に対する志望度が高いと受け取ってもらえるかもしれません。
しかし、会社側の印象を気にして参加する必要はないと思います。
自分のスケジュールをうまく調整して早い時期に多くの会社説明会に参加することをお勧めいたします。

大同興業株式会社 

必ずしも好印象とは限りませんが、予定が合えば早い日程に参加した方がいいです。

選考は時期毎に区切ることが多いので、早い日程に参加したからといって有利とは限りません。但し、就職活動序盤は情報収集の段階なので予定が合えば積極的に興味のある企業に参加するのは良いと思います。就職活動が進むにつれて、他社の説明会や面接と日程が重なる可能性も出てきますので参加できる日程があれば早めに興味のある企業に行きましょう! 

白月工業株式会社 採用担当

参加日程で優劣の判断はしません。

企業が説明会を複数回開催するのは、学生さんに来てもらえる機会を多くつくることが目的です。そのため参加日程だけで学生さんの良し悪しを判断することはしません。ただ、早い回には志望度の高い学生さんが多く集まる傾向はあり、話を聞く姿勢や質問を積極的にすることなどから、結果的に好印象となることはありえると思います。

クオリカプス株式会社 

参加日程の「早い」「遅い」は関係ありません。

参加日程の「早い」「遅い」で優劣をつけることはありませんし、印象にも影響は及ばないと思います。参加日程の早い、遅いということよりも、説明会時「説明会前に企業研究している」などの積極的な姿勢を見せていただける方が印象に繋がってくると思います。

株式会社高田工業所 人事部リクルートグループ

余裕があるうちに参加を。

企業は、例年3月から会社説明会を開始しますが、4月以降は、新年度が始まり、企業・学生ともに何かとスケジュール調整が難しい時期かと思います。
そのため、早い=良いとは限りませんが、早めに参加して情報収集しておくと有利かもしれません。

西部電気建設株式会社 総務部

早い時期に会社説明会に参加しましょう。

早く参加したからといって、好印象とは限りません。ですが、早い時期に説明会に参加することによって自分の進む道が見えてきますし、会社選びができると思います。企業によっては説明会終了後に選考に入られる企業もありますし、応募が多くて参加出来ない企業もありますので、早い段階で、より多くの会社説明会に参加する事をお勧めします。

株式会社JSベストマッチング 編集部

説明会への参加時期で印象に差が出ることはありません。

説明会へ早く参加したからといって好印象になるとは考えにくいです。ただし企業側は、優秀な学生が他社へ流れる前に採用しておきたいと考えるため、応募の多い時期に内定を多く出す傾向にあります。そのため、学生の応募が集中する時期に開催されるセミナーへ参加した方が、採用枠が広い可能性があります。