筆記試験・面接編

面接で「御社が第一志望です」と答えなければ
不採用となるのでしょうか?

株式会社NTTデータ関西 人事総務部

なりません。

むしろ、正直に話していただいた方が印象は良いと思います。答えた内容よりそう答えた理由や志望動機、迷っているのであれば迷っている理由を聞かせていただければと思います。

NCS&A株式会社 人事部

正直に自分の気持ちを伝えてください。

不採用となることはありませんので、正直に自分の気持ちを伝えてください。「どうしてもこの会社に入社し、こんなことをしたい」ということを具体的に伝えることができる、あるいは真剣に就職活動に取り組んでいる姿勢を見せることができれば、志望順位に関係なく企業側は「この学生さんと一緒に働きたい」と判断します。しっかり事前準備をして臨みましょう。

株式会社ティラド 人事・総務部

正直に答えた方が良いでしょう。

必ずしも「御社が第一志望です。」と答える必要はありません。
「第一志望です。」と答えると、恐らく面接官はその理由を尋ねてきます。その際に明確な根拠が無ければ、説得力がありません。第二志望であっても、明確な判断基準の上で順位づけしたことを伝えれば面接官の方も納得されるでしょう。
志望順位よりも就活の軸を明確にして、正直に伝えることが重要だと思います。

株式会社DTS 

不採用となることはありませんが、理由は明確に言えるようにしましょう。

「第一志望です」と答えると、企業は嬉しい反面、本音だろうか?と疑問も持ちます。「なぜ第一志望なのか」を具体的に答えられるかどうかが重要です。第一志望と答えても、志望動機が曖昧であればその言葉に真実味はなくなってしまいます。新卒採用では専門知識などのスキルに差がつかない分、企業への熱意が合否を左右する場合もありますので、しっかり準備をしてのぞみましょう。

株式会社JSベストマッチング 編集部

それだけで不採用となることはないでしょう。

不採用となることはないと思いますが、あまり良い印象は持たれないでしょう。確かに嘘をつくのはお勧めできませんが、企業側も貴重な時間やコストをかけて採用活動をしています。その中で「第一志望ではない」と言われてしまえば、他に第一志望と言ってくれる人を採用するでしょう。もし第一志望でなくても、「数社で迷っています」などと答えると良いでしょう。