筆記試験・面接編

「何ができるか」と「何をしたいか」は、どちらが重要ですか?

リケンテクノス株式会社 総務部 人事グループ

「何をしたいか」が重要です。

学生である皆さんが今できることで、社会に出てからそのまま活かせるものは意外と少ないと思います。この先の長い社会人生活の中で環境が変化し、今できることが必要の無いものになることもあります。「何かをしたい」という強い意志は成長の原動力です。今できないことも、「何かをしたい」という気持ちがあればいずれはできるようになります。企業は皆さんの意欲や積極性を評価しています。「何をしたいか」をお聞かせ下さい。

ベース株式会社 人事教育部

「何をしたいか」のほうが数倍重要です。

当然、現時点で「何ができるか」ということも質問されるかとは思いますが、それ以上に将来的に「何をしたいか」が気になります。当社で活躍できるかのイメージもわきやすくなると思いますし、その目的のためにどう頑張っていきたいかも話せるとより好印象になるかと思います。 

株式会社九州テン 採用センター長

難しい質問ですが、どちらも同じくらい重要です。

弊社の場合、「何ができるか」は結果ではなく、プロセスに着目します。「なぜそのスキルが必要だと思ったか(発見力)」、「ゴールするためにどのような努力や工夫を行ったか(計画力・実行力)」という仕事でも重要な考え方、経験をお持ちであるかをお伺いしています。
「何をしたいか」は、業界・職種の理解とともに、どんなことにチャレンジしてみたいのか、目的・目標・夢を共有し、一緒に実現していくためにお伺いしています。

株式会社第一システムエンジニアリング 企画管理室

自分が何をしたいかを語ることが重要だと思います。

面接を受ける企業に対して、会社説明会での会社概要、WEBに掲載されている先輩社員の説明などから、自分なりの志望動機を持ち、その上で自分が何をしてみたいのかを説明して下さい。企業が求めている答えは、自分は今、何ができるかと言うことよりも、これからどの様に企業へ貢献していけるのか、どの様な分野で企業と関わっていきたいのか、自分の考えを明確に持っている人材です。

株式会社メタテクノ 人事部

「できること」をこなすより、「したいこと」に努力するほうが良い!

重要なことは「何がしたいか」です。どんなにいい才能を持ち合わせていても、意欲がなければ企業として何のメリットもありません。「したいこと」に積極的にチャレンジしてほしいと思います。働いている社員の意欲が企業の成長につながります。

株式会社コベルコ科研 総務部人事グループ

面接官が聞きたいのは「何をしたいか」それを実現するために「何ができるか」です。

企業研究を進めるうちに事業内容に興味を持ち、この会社で自分が何をしたいのかが見えてくると思います。面接では「何がしたいか」だけを伝えるのではなく、それを実現するために自分には「何ができるのか」をしっかりと伝えてください。企業は、今何ができるか?ではなく、仕事を通じて何がしたいのか?どんな夢を持っているのか?と、それを実現させるための力を持っているのか?といった点も見させてもらっています。

株式会社JSベストマッチング 編集部

「何をしたいか」が重要。
その上で、「何ができるか」で他の学生と比較検討されます。

ビジネスで必要となるスキルや知識の多くは、社会人になってから身に付けることができます。そして、スキルや知識の習得は、「こんなことがしたい!」という熱意に基づく努力で差がつくものです。「何ができるか」について、多くの企業で問われるのは、学生がしたいことについて、その潜在的な力があるかの確認を主旨としていると考えておきましょう。