理系学生の就職活動編

研究職への就職は、
学部生より大学院生の方が有利なのでしょうか?

リケンテクノス株式会社 総務部 人事グループ

どちらが有利ということはありません。

大学院生を優先している企業もあると思いますが、学部生も大学院生も関係なく採用している企業もあります。
理系学生の皆さんからよく聞かれる質問なので気にされている方も多いと思いますが、当社の場合では、学部生も大学院生も関係なく採用しています。最近の傾向として化学系の方は大学院に進まれる方が多いので、採用実績も大学院生が多くなる傾向がありますが、大学院生を有利に扱っているわけではありません。

大峰堂薬品工業株式会社 

学部生であるというだけで不利になることはありません。

弊社では学部生か大学院生かは問わずに研究開発職を募集しており、選考においてはそのこと自体で差をつけないようにしています。実際に研究活動をしている大学院生の方が研究職に対する具体的な志望動機を書きやすいので有利といえば有利ですが、それ以上の差はありません。学部卒でも企業で研究職として働いている人は大勢います。あきらめずに是非チャレンジしてみてください。

株式会社テイコク 

企業の求める力によって異なりますので、確認してみましょう。

大学での研究内容等が、その業界や企業にとって求める条件にマッチすれば、院生の方が有利となる場合もありますが、進学するよりは学部卒でその分早く実践的な力を身に着けることが重視される場合もあり、企業によって様々です。ちなみに当社は学部卒・院卒にこだわらず採用していますが、入社後は先輩社員がしっかりと指導しますので学部卒でも全く問題ありません。

フクシマガリレイ株式会社 人事部

企業の採用方針を確認しましょう。

大学院生の強みである知識を必要とする研究職もありますが、進学よりも早く実践的な知識を身につけることを必要とする研究職もあります。弊社では、学部生か大学院生かは問わずに研究職を募集していますが、各社の方針を確認することをお勧めします。学部卒でも企業の研究職で活躍されている方はたくさんいます。

株式会社ティラド 人事・総務部

院卒以上を条件にする企業もあります。

企業によっては院卒以上でないと募集していないところもあります。
学部卒・院卒問わず募集している企業でも専門性だけで見れば院卒の方が有利だと言えますが、評価される部分は知識以外にもあります。例えばモノづくりの会社だと他部署と協力して仕事を進める場面もあり、その際かみ砕いて説明する能力が必要となります。
まずは説明会や座談会などで、企業の方に質問してみましょう。

株式会社JSベストマッチング 編集部

大学院生の方が募集が多いので、有利と言えるでしょう。

研究職は大学院生の方が募集が多いことは事実です。しかし、院卒だからといって必ず研究職に就けるとは限りません。企業によってはかなりの専門知識が必要とされることもあり、知識を修得してからの配属になる場合もあります。また、中小企業などでは、院卒、学部卒に関係なく人材配置を行っているケースもあり、そういった企業では学部卒でも研究職に就くことができる可能性が高いと言えるでしょう。