その他編

企業の採用担当者とメールのやりとりをする場合、
必ず返信した方が良いでしょうか?

岡本株式会社 人材開発課

メールは自分で終わらせないよう心がけましょう

採用担当者のメールには必ず返信しましょう。例えば、面接日時の案内メールが届いたとします。「ご案内ありがとうございます。内容確認しました。」等の返信を必ずしましょう。返信があると採用担当者も学生の皆さんにメールが届き確認してもらえたということで安心します。

東海ソフト株式会社 総務部

基本的には返信しましょう

回答を求めているものは当然返信します(できるだけ早く)。単なる案内メールでも、送信者から見ると、届いたかどうか気になることがありますので、返信した方がいいでしょう。ただ、あきらかに一斉に送っているメールであれば、特に返信しなくても問題はありません(回答が必要のない場合)。

白月工業株式会社 採用担当

基本的には返信するよう心がけましょう。

内容によりますので、必ず返信しなければならないとは言い切れませんが、基本的には返信するほうがいいと思います。担当者の立場からすると、送ったメールを見てくれたのかどうか心配になることがあります。そういうときに返信があると安心でき助かります。

株式会社金陽社 

返信していただけると助かります。

企業から何らかの連絡をメールで行うときは、重要な内容を含んでいる場合があります。そのメールに対して返信をいただけると、きちんと伝わっていることが把握できるので、企業としても安心ができます。ただし、明らかにやりとりが終わっているものに対して、無理に返信する必要はありません。

中本パックス株式会社 管理本部 総務部

できる限り返信することをお勧めします。

就活期間は企業メール、DMなど就活生が受け取るメールも数多くあると思います。大学アカウント利用の方も数多くいると思いますが細目にメールチェックすることをお勧めします。就活生側も連絡が来ないことを不安に思うかもしれませんが、企業側も同じです。企業側の一方的な連絡メールだとしても確認、返信により意思の疎通が図れます。このような対応は親切心や配慮として伝わる可能性もあります。

株式会社JSベストマッチング 編集部

個別でメールが送られてきた場合は、返信した方が良いでしょう。

一度に多くの学生に送られてくるメールに対しては、特に返信しなくても問題ありません。しかし、個別に送られてきたメールの場合は、きちんと返信した方が良いでしょう。メールを返信したか返信していないかが合否に関わることはないと思いますが、採用担当者はあなたのためにメールを作成してくれていますので、しっかりお礼を伝えることをお勧めします。